フリーランスになってはじめに仕事をとる営業方法~自身の強みを知りアピールする方法を学ぼう!

副業

自分の強みをしっかりとアピールするほど最強の営業方法はない!

どうもこんにちは@みるくです。

 

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを見ていると、フリーランスがとても増えていることがわかります。

 

会社の組織に馴染めずにフリーランスを目指すということが多いんでしょうね。

 

フリーランスに限らず個人事業を営む人で年収240万円以上の人は、全体の10%らしいです。

 

この数字には大変驚きました。フリーランスは稼げないといわれますが、この数字を見ても理解できますね。

 

でも私は「フリーランスだから稼げないというわけではない」と考えています。私の周りにはフリーランスでも稼いでいる人はたくさんいますからね。

 

ここではフリーランスになって仕事を取っていくための営業方法についてお伝えします。

 

サロンのなかで人とかかわり、成功するための投資を学んでいきませんか?そんな人に向けてサロンを開設してます→「みるくサロン

フリーランスだから人付き合いはいらないと勘違いしてはいけない

フリーランスを目指す人に話を聞いていると、

 

「会社組織に馴染めないから」

「社畜から抜け出したいから」

 

といわれることが多いです。

 

これは私にも理解できる部分です。

 

会社組織って無駄が多いですからね。人間関係で嫌になってしまいがちです。

 

でもこういう人がいます。

 

「クラウドソーシングサービスなどネットで仕事をしていれば人付き合いは必要ない」

 

というもの。

 

この考えでいるとフリーランスで成功は絶対にできません。

 

確かに会社組織は無駄な人間関係が多いですが、ネットで仕事していたとしても人に対して仕事をしているわけですから、全く人と関わらないなんてありえません。

 

特に会社を離れて個人でフリーランスをするわけですから、会社のネームバリューなど全くなく、自分の信用だけが仕事を請け負うカギとなります。

 

どこの誰だか分からないような人に仕事を任せることができるでしょうか。

 

そう考えればフリーランスなりの営業方法が必要になってくるのです。

 

ただし一般の会社で行なっているような飛び込みの営業方法ではありません。誰でも出来るようなものですからお伝えしていきましょう。

フリーランスの営業で大切なことは『プロフィール』

フリーランスの営業で大切なポイントは次の三つです。

 

  • あなたは誰ですか?
  • あなたはどんなことができますか?
  • 今までどんなことで頑張ってきた人ですか?

 

まずこのプロフィールのアピールを磨くことです。

 

フリーランスにもさまざまありますが、冒頭にもお伝えさせていただいたソーシャルワーキングサービスに登録して働く人が多くなっています。

 

そこでさまざまな人のプロフィールを見ていると、人気のある人とそうでない人の差をすごく感じます。

 

多く仕事を請け負っているという人のプロフィールを見ると、上記の三つのポイントがしっかりと記載されていることがわかります。

 

もちろんですが、「この人に仕事を依頼したい」という内容にしておかねばなりませんから、この3つのポイントをしっかりとアピールしておかねばならないのです。

 

当たり前のことですがネット上の仕事では相手の顔が見えません。

 

どんな人か分からずに仕事を依頼するわけですから、その判断はまずプロフィールのファーストインプレッションがとても大事なのです。

プロフィールの具体的な磨き方

「あなたは誰ですか」という項目において、

 

「鈴木です」

「投資が得意な鈴木です」

「投資歴10年で専業トレーダーとして活躍している鈴木です」

「投資歴10年で専業トレーダーとして活躍しており、年商1億円を5年連続達成している鈴木です」

 

この4パターンであれば、一番下の鈴木さんに投資のことを尋ねたいと思うでしょう。まずこのような表現を心がけて置くようにしましょう。

 

ただしこの例のように「年商1億円を達成している」など大きな成功を求めているものではありません。

 

ニーズというものはとてもたくさんあります。例えばサラリーマンだった人で

 

「人事採用で5年の経験があります」

「経理で3年の経験があります」

「IT企業で3年間コーディングの経験があります」

「飛び込み営業を2年やっていました」

「ブラック企業に勤めていた経験を持っています」

 

などの経験があるなら、十分にニーズを満たすことができ、アピールすることが可能です。

 

経験談を語ってほしいという仕事や、経験を活かしてネットで業務をしてほしいということがあるかもしれません。

 

つまり自分自身の強みを知っておいて、その強みをどのようにアピールするか、どのように磨いていくか考えていく必要があるのです。

まとめ

自分の強みをしっかりとアピールすることができれば、アピールを見た人に対して信頼をもってもらうことができます。

 

「何もアピールすることなんかない」という人がいますが、そんなことは絶対にありません。

 

あなたが今まで生きてきた経験は、あなただけにしか経験しなかったものです。あとはそれに自分自身が気づくかどうかだけのことなのです。

 

営業方法というと飛び込み営業のようなイメージを持つかもしれませんが、フリーランスとしてネットで業務を請け負う場合であれば自分をどれだけアピールできるかが成功の秘訣なのです。

サロンの宣伝です

みるくサロン

こちらではみるくさんの先出しトレード配信、相談、悩みなどなんでも質問することができます。

またチームの仲間と議論し、トレードスキルを磨いていく勉強の場となっています。