フリーランスになったらしておきたい節税方法~「控除」されるもの「経費」になるもの

起業

フリーランスでも節税方法を覚えておけば年間数十万円得することも!

 

こんにちは、みるくです。

 

サラリーマンの時代には節税なんて考えたことはないのかもしれませんが、フリーランスや個人事業主になると、確定申告を行わねばならず常に節税について考えるようになります。

 

せっかく稼いだ売上を税金で持っていかれるのは、国民の義務とはいえ嫌なものですよね。

 

フリーランスでも節税できることはいろいろとありますので、できるところから取り組んでいきましょう。

 

中には数十万円の節税効果がありますから、しっかり取り組んでみてください。

 

多くの仲間ができるオンラインサロンで成功するための投資を学んでいきませんか?投資で成功したい人に向けてサロンを開設してます→「みるくサロン

節税を考えるポイントはたった2つ

  • 控除
  • 経費

 

節税については難しく考えるかもしれませんが、ポイントとしては「控除」と「経費」のたった2つだけです。

 

それぞれがどのような意味を持っているものなのか見ていきましょう。

控除を受けるってどういうこと?

税金というものは、所得によって決まってきます。

 

大きく儲けることができて所得が大きくなると、当然ながら税金で払わなければならない金額も大きくなります。

 

ただし所得全てに税金がかかるのかというとそうではなく、全ての所得から控除と経費をひいたものが課税される対象となるのです。

 

その中でも控除は様々な種類のものがあり、所得から一律控除できる「基礎控除」、医療費が対象となる「医療費控除」、各種保険料が対象となる「生命保険料控除」、扶養親族がいる場合に対象となる「扶養控除」などがあります。 

特に取り組んでおくべき控除は「青色申告特別控除」

フリーランスになると年に一度確定申告を行わねばなりませんが、その申告方法として「白色申告」と「青色申告」があります。

 

税金に対して詳しくない人であれば簡易な報告である「白色申告」も可能となっていますが、白色申告では控除を受けることができませんのでメリットがありません。

 

それに対して「青色申告」の場合、得点となる税額控除は10万円もしくは65万円となっています。

 

その中でも「青色申告特別控除」の場合であれば、65万円の税額控除を受けることができますのでとても利便性が高い方法だといえるでしょう。

「青色申告特別控除」の難易度は決して高くない

税額控除が10万円の青色申告の場合は、簡易簿記によって青色申告を行います。

 

対して税額控除が65万円の場合は、複式簿記によって青色申告を行わねばなりません。

 

「複式簿記なんか分からない!」

 

そんな声が聞こえてきそうですね。

 

しかしそれほど心配することはありません。

 

クラウド確定申告サービスを使うと、インターネット上において簡単に複式簿記によって仕分けすることが可能です。

 

普段から活用しているインターネット銀行やクレジットカードを登録しておけば、自動的に仕分けをしてくれますからとても便利です。

 

経費においてもレシートを画像で保存しておけば、自動的にサービスに取り込むことができるのです。

 

初年度は無料で使えるサービスもありますから、調べてみて活用してみると良いでしょう。

経費はどんなものでも落とせるの?

個人事業であれば、なんでも経費で落とせることができると考えている人がいるかもしれませんが、一定のルールがありますのでそれは理解しておいてください。

 

当たり前のことですが事業を行う上で必要な費用を経費として落とせるようになっていて、それ以外のものは経費として認められることはありません。

 

例えば毎日食べる三食の食費は、事業には関係ありませんから経費として計上することはできないのです。

自宅兼事務所は家事按分して必要経費にしてしまおう

フリーランスであれば自宅で仕事をしている人も多いでしょう。

 

パソコン1台あればどこでもできますから、自分の部屋で取り組んでいる人も少なくないはずです。

 

そのような自宅兼事務所であれば、自宅でかかったさまざまな費用を必要経費にしてしまうことも可能です。

 

例えば賃貸で10万円支払っているとして、その1/4を事業で活用しているとしたら、2万5000円を必要経費として計上することができるのです。

 

そのように考えれば、インターネットプロバイダー費用、スマートフォン費用、光熱費などを割合に応じて按分することで必要経費とすればいいのです。

セミナー受講やオンラインサロン、書籍など勉強代も

仕事に直接関係のあるセミナーを受講したり、オンラインサロンに入会したり、書籍を購入するなども必要経費として認められます。

 

今まで自腹を切って学習していたものも、全て経費として計上できますから心置きなく学習できますよね。

 

もちろんそれに関連して、ノートやペンなどの文房具、椅子や本棚なども経費として計上できるものです。

 

パソコンで仕事をしている人であれば、パソコンも仕事道具ですから当然経費となります。

 

フリーランスが経費にできるオンラインサロンで成功するための投資を学んでいきませんか?投資で成功したい人に向けてサロンを開設してます→「みるくサロン

取引先との打ち合わせ費用も経費としてしまおう

フリーランスとはいえ依頼先などとカフェで打ち合わせをするなんてことも少なくないでしょう。

 

あるいは飲み会であっても、必要な情報収集の場であれば必要経費として認められます。

 

領収書に打ち合わせの相手や人数要件などをメモしておくと良いでしょう。

サロンの宣伝です

みるくサロン

こちらではみるくさんの先出しトレード配信、相談、悩みなどなんでも質問することができます。

またチームの仲間と議論し、トレードスキルを磨いていく勉強の場となっています。