インジゲーターって結局どれ使えばいいの?

インジゲーター

 

ということでアンケートとってみた

投票すると結果がみれます

 

みんなの一番人気は移動平均線でした

 

100%当たるインジゲーターは存在しない

 

私は基本的にどのインジゲーターも”参考”程度にしかみていません。基本はローソク足と、サポートライン、レジスタンスなどのみんなが意識するであろう価格での攻防をみて判断しています。

しかし敢えてどのインジゲーターを見ているかといえば

1・移動平均線

2・MACD

3・RSI

という順番です

 

ここでは個々のインジゲーターの解説はしませんので、用語がわからない方は検索してください。

 

インジゲーターの本質とは”見ている人の数”

 

たとえばあるインジゲーターを相場の7割の人がみているとします。ここでは例えば25日移動平均線を7割の人がみていて、現在相場が25日移動平均線の上を上昇しているような場合”上昇トレンドが継続する確率が高い”と私は判断します。

インジゲーターとは、それ自体に絶対的な精度はないが、みている人の数が多くなれば相場がそのインジゲーターが示すほうに偏る。

という考え方です。

 

インフルエンサーが買い煽りすると価格が上がるっていうのと似たような感じです。

信用している人の数が多いインジゲーターが示しているほうに素直に張ることをおすすめします。

 

移動平均線
MACD

 

このあたりはよくみて順張りしていきましょう

 

 

サロンの宣伝です

みるくサロン

こちらではみるくさんの先出しトレード配信、相談、悩みなどなんでも質問することができます。

またチームの仲間と議論し、トレードスキルを磨いていく勉強の場となっています。