損切りのコツ

トレード術

 

完全にもうこれだけです

 

例えばあなたが100万渡されて1年間でもっとも増える投資しなさいと言われたとします

 

その状態で、今のその銘柄を買いますか?

ということです。

それでもこの銘柄を買う!今売るなんてありえない!

と思えるなら売るべきではないですし、いやいやこんな下がりそうなもの持ってるとか危ないでしょ、と思うならそれはもう損切りポイントです

 

 

売ったあとに爆上げすることは普通

 

苦渋の決断で損切りしたのに、それがなんと底になってしまい爆上げ、、、、

なんていう経験は誰にでもあると思います

私もそんな経験は山ほどしてきました

”なぜ私が売ると反転するんだ”

”おかしい。誰かみてるんじゃないか?”

とさえ思ったこともあります笑

 

ですがまあ、誰もみてないし、ほんとそれってたまたまなんですよね

 

冷静にすべての損切りを思い出して見ると、損切したあとにダダダーと落下したものばかりです

絶対に落ちるなんて誰にもわからないし、わかっていたら損切りじゃなくてドテンショートを入れているはずなのですが、損切りするにあたってそこまでの根拠はいらないと考えます

この銘柄をこの価格で今買いたくない

ということさえわかれば十分です

 

あなたが価格を上げることもできないし、下げることもできない。できるのは予測だけ

 

トレーダーってどんなに優秀な人でも価格を上げることも、下げることもできないんです(一部の大口を除く)

すべては他人まかせ。他の人がこう動くだろうっていう気持ちを先読みできたら儲かるし、外れたら損する。

一度エントリーしてしまったらもう無力なんです。なので予想と逆に行ってしまったときにトレーダーに残された最後の抵抗は逃げることだけです。

もちろん逃げる必要なし!と判断できれば逃げる必要はないです。勝利へ向かう戦況を見つめていればOKです。

 

損切りは友達

 

損切りとうまく付き合えてこそ稼げるトレーダーへの第一歩です

 

 

 

 

 

サロンの宣伝です

みるくサロン

こちらではみるくさんの先出しトレード配信、相談、悩みなどなんでも質問することができます。

またチームの仲間と議論し、トレードスキルを磨いていく勉強の場となっています。