会社員の簡単な辞め方〜みるくさんの場合〜

起業

どうもみるくさんだよ

私は毎日楽しく自由に生きています

好きな時間に寝て、好きな時間に起きたりしています

さて実はみるくさん、会社員経験があります!(というか働いてなかったんかい!)

その勤続年数、驚きの!!

3週間!

 

社会不適合者わろwwww\(^o^)/

 

実録、会社員を3週間で辞めるまで

まず新卒採用という貴重なカードを切って、適当に自分が入れそうな会社に入ります。

この時点はわりとやる気ありました。(業種は秘密としておきますが、勤務地は東京です)

会社はベンチャー起業でした。

こんな落ちこぼれの私が入れる会社があるとは

感謝、感謝。

 

いざ入社

まず、私の実家のある千葉県の田舎から新橋にある会社まで通うのにドアtoドアで2時間かかりました。しかも千葉から東京向かう電車ってすごい。混雑率200%!

どこにも立つ隙間がございません。

初日から思いました

 

「あ、無理かも」

 

さらに追い打ちをかけるように初日に先輩社員さまからこんなお達しが、

先輩「明日からみんなが出勤する1時間前にはいるように」

私「え、なぜ?」

先輩「新人はみんなそうしてきたんだよ!」

私「なーぜー!!」

ということで次の日から私はまさかの5時起きになりました😂

 

そのとき思ったのです

”これどうせ続かないからやめよう”

 

通勤が嫌なら一人暮らしすればいいだろって?

手取り18万でどうやって一人暮らしすればええねん。東京の家賃なめんな。

 

そして3週間後

めでたく会社を辞めました!

しかも社長に

「お前は自分で会社を作ったほうがいいぞー頑張れ!」

とお褒めの言葉と、謎の応援退職金を貰えることに

 

会社の辞め方は簡単です

 

「あ、社長。私会社辞めます」

 

これで終わりです。いやほんと。

社長さんはあなたが思っているほど、あなたを必要としていないし、あなたにとってもあなたが思っているほど会社は必要ではありません。

 

私が会社を辞める旨を話すと、10分くらい諸々の手続きの話をして、その後私が退社するころにはいつもの社内の日常でした。

私がいなくても明日もこの会社はあるし、何も変わらないんだなー。ではさようなら。

 

早めの損切り。これ大事

 

「あ、もう無理かも」

と思ったときには、実はもうだいぶ無理であることが多いです。これはトレードでもそうですね。やばいかもって思った時にすぐに切れない人はずるずると負け続けるだけです。

 

そういえばあるスポーツ選手が熱中症対策について語っていた時、

「喉が乾いたかも。と思ったときにはもう遅い」

という話をされていました。

 

無理かもと思ったところにしがみつくよりも新しいワクワクできることを探そう

 

ほんと耐えている時間って無駄です。百害あって一利なし。

私はその後、自分で会社を起こすことに興味が湧き、小さい会社を自分で立ち上げました。

会社はわりと上手く行って、私の収入は同世代の人よりは全然多く、恵比寿の高級マンションに住めるまでになっていました。

 

そしてその後、私はもっと理想的な生き方があることを知りましたそれが

 

個人投資家として生きる

 

です

 

このブログでは個人投資家として生きる為の方法や、実際に私がしていることをどんどんと書いていきます。

それではまた

 

 

サロンの宣伝です

みるくサロン

こちらではみるくさんの先出しトレード配信、相談、悩みなどなんでも質問することができます。

またチームの仲間と議論し、トレードスキルを磨いていく勉強の場となっています。