底値買いのコツは”出来高に注目”

トレード術

有望銘柄の底値買い!したいよねー

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

有望銘柄の底値買いは全投資家の夢ですよね。

下落を続けて誰もが無理だと思ったその時にささっと現れて爆買い!

そんなの上がるわけないと思った矢先に大暴騰!

ああ、あんなに安いなら買うんだった、、、ってあとの祭り

しかも慌てて買ったら天井掴み、、

底値で買った人に見事に売りつけられてしまった。なんて経験あるんじゃないですか?

 

底値買いのコツは”出来高の増加にあり”

 

こちらはXRPの2018年6月~10月までのチャートです。

ダラダラと下降を続けて30円を2回割れた後にたった4日で30円→70円超えのミラクルアップ!

 

ここで注目なのは

赤矢印のところの出来高です

出来高が少なくダラダラと落ち続けていますね

その後注目なのは

青矢印のところの出来高です

明らかにそれまでと出来高が違います。

このように底値圏で価格の上昇こそないものの出来高がジワジワと増えているときはそろそろ発射の準備となる可能性が高いです。

 

XRPはこの後に、swellや、Xrapidの商用可など、好材料がたくさん待ち構えていたのですが、ファンダメンタルズを知らなくてもチャートには密かに上昇のサインが隠れていたということになります。

 

 

今日のまとめ

 

底値買いをしたかったら出来高の増加に注目せよ

買った後は信じてホールド

 

 

ちなみにアルトコインの出来高は日足をみるとよいですよ。

気になる銘柄の底値買い狙っているなら参考にしてみてください。

ではではまた

 

サロンの宣伝です

みるくサロン

こちらではみるくさんの先出しトレード配信、相談、悩みなどなんでも質問することができます。

またチームの仲間と議論し、トレードスキルを磨いていく勉強の場となっています。