安いからって安易に飛びついて買って負けてる人に正しい買い方を教えるよ

トレード術

底を確認して上がりはじめてから買え

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

気にしている銘柄がガクっと急落した時に思わず反射的に買いたくなってしまう皆様

でもそうやって買った後にどうなりましたか?

買ったところよりも更にどんどんと下がっていってしまって青ざめた経験あるんじゃないですかね

 

安いからと思って思わず飛びつくと、さらに安くなってしまって困る

 

でもよく考えてみたら下がっているものを買ったんだから、買ったあとも下がり続けるに決まっているんですよね

しかし人は自分に都合のよいことしかおこらないと考えている生き物なので、自分が買った時に限ってそこが底となり反発していくと思ってしまうんですよね

 

安い時に買って、高い時に売る。は間違い

 

https://twitter.com/bitmilkCurrency/status/995201857856290816

 

正しくは、”安い時上がってきたら買って、高い時に下がってきたら売る”です

 

 

こちらの画像にある通り、急落中に焦って買うとほとんどの場合でさらに下に行ってしまいます。

急落中には買いを入れずに見守ることが正解です。

そしてしばらくすると下落の勢いが止まる時がきます。ここでもまだ買いません。

その後ジワジワと上がり始めた初動で買います。

このタイミングで買うことが最もリスクが少ない買いタイミングになります。

 

ここで買いを入れたときの展開は次の2つです

 

・このまま上がり続ける(上記画像のように)

・上がらずに底を割ろうとする

 

なので、上がらずに底を割る動きがあれば切ればいいだけです。

このタイミングで買うことのメリットは急落中に買うことと違って損切りポイントが明確で最大損失額があらかじめわかっていることです。

加えて上昇幅には損失額の何倍もの期待ができます。

 

この場合の損失幅が5だとすると、期待できる上昇幅は平均して10~20はあります。

勝率が5割だったとしても負けた時5、買った時10~20の値幅がとれると考えれば長期的にみて余裕で勝てることとなります。

 

安値買いの参考にしてみてくださいね。

 

ではではまた

サロンの宣伝です

みるくサロン

こちらではみるくさんの先出しトレード配信、相談、悩みなどなんでも質問することができます。

またチームの仲間と議論し、トレードスキルを磨いていく勉強の場となっています。