セリングクライマックスの見極め方と最適な買いの入れ方

超絶リバからの半値戻しで拾おう

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

そもそもセリングクライマックスとは?

売りの終わり。下落の最終局面となります。

ある銘柄に対して全員が悲観的になり投げ売りが投げ売りを呼び大暴落。そしてもうこれ以上だれも売る人がいなくなった時=セリングクライマックスです。

売る人がいなくなったので強いリバウンドをして急騰することが多いです。

 

セリングクライマックスの基本は

急落・急騰・高出来高

の3つが揃うことが条件です

 

  1. 相場全体が悲観的になり投げ売り
  2. 売る人がいなくなり急騰
  3. 高出来高(ホルダーが入れ替わって新しい相場がはじまった証拠)

 

この3つが揃った時にセリングクライマックスとなり、下落トレンドが終わり上昇トレンドへの変わることとなります

 

セリングクライマックスのチャートパターンを記憶しよう

 

難しいことを覚えなくてもセリングクライマックスのチャート形状はどれもとても似ているので、様々なセリングクライマックスのチャートを今から載せます

 

日経日足

 

USD/JPY5分足

 

オーストラリアドル15分足

 

 

USDT4時間足

 

時間足は違えどチャートの形状は似ている

上の4つの画像を見比べて似ているなと思って頂けたのではないでしょうか

いずれもとてつもない下落からのリバウンドで急騰

そして半値戻しあたりでいったん止まった後にジワジワと上がっていく

 

最適な買いのタイミングは?

急落した一番下の底値で買えればいいですが、実際にはとても難しくリスクが高いので現実的ではないです

底値で掴んだつもりが、買ったところよりもどんどんと下がっていってしまうことが多いと思いますし、損切りポイントがないので損切りすることが難しくなります

そこでオススメの買うタイミングは急落したあとのリバウンドからの半値戻しラインです

一度目の強いリバウンドでは飛びつかずに、いったん落ち着くのを待つ

そして急落の半値戻しあたりで揉みだしたら買う

その後もし上がらずに下がってきてしまったら切る

 

この流れで買いを入れるとリスクを最大に抑えながら、大きな上昇幅をとることができます

 

下落トレンドの終わりにいつも必ずセリングクライマックスがくるわけではないですが、もし先ほどみたチャート形状に近いものが現れた時はこの記事のことを思い出して勇気を出して半値戻しラインで買ってみてください

 

まとめ

 

セリングクライマックスは買い

だけど買い方は慎重にね

 

 

ではではまた

 

 

 

下落中の銘柄を安く安全に買う方法はこれ

二番底を狙え!

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

狙いをつけている銘柄が下落を続けている。今すぐ買いたいけどどこまで下がるかわからないし、どこで買っていいかわからないから不安。

そんな時は二番底を狙ってみてください。

 

“二番底は素直に買い”という投資格言もあるくらい基本的な買いポイントなので抑えておきましょう

 

 

二番底での買い方と損切りの設定のやり方

 

【そもそも二番底とは?】

下落してきた銘柄が一度底をつき反発してきたもののまた同じ底まで戻ってくることを言います

 

この画像は典型的な二番底からの反転上昇のチャートです

赤丸囲ったところが底値で、2回目に赤丸のところで買いの指値を入れて待ちます

 

ここで拾った後の展開は以下の2つです

 

1・反転上昇していく

2・反転せずにそのまま下落

 

重要なのは反転上昇しなかったパターンです。ここでの損切りは画像にある通り2番底の下に設定します。

ここのラインを割れて定着したら切りです。

この画像の場合の最大損失は50ドル程度、逆に利益は100ドル~200ドル以上が見込めます。

平均して利益が150ドルと仮定すると、3回損切りしたとしても1回成功すればよいという計算になります。

 

必要勝率は33%です。3回に1回以上底値買いに成功すればプラスになります。

経験上このパターンでの2番底買いは33%以上の勝率は余裕であります。

また損切りポイントも明確なので下落中の銘柄に突っ込んで大損害ということもなくなります。

 

まとめ

 

二番底は素直に買いましょう!

焦って下落の最中に突っ込むのはダメゼッタイ

 

 

ではではまた

 

 

三尊天井での適切なショートの入れ方

 

三分割法でいこう!

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

本日は三尊天井が形成された時の適切なショートの入れ方を説明します

 

 

そもそも三尊天井とは?

みっつの山が並んでいるいるように見えるチャートパターンのことです

高値圏で現れることがポイントで相場の反転(下落)シグナルとして非常に高い確率があります

 

三尊天井が現れたら迷うことなくショート(空売り)を仕掛けていくべきです

英語ではヘッドアンドショルダーと呼ばれています。

 

 

tradingviewでは左の項目からヘッドアンドショルダーというところを選択すると上の画像のようにチャート

 

三尊天井でショート(空売り)を入れる際のポイント

 

まずはじめに確認することは以下です

 

1・高値圏で発生しているかどうか?

三尊天井について多くの人が勘違いしているのが、この形状が現れたらいつでも落下するシグナルであるということです。

その考えは間違ってはいないのですが、高値圏で発生した三尊天井のほうが圧倒的に落ちます。先程の画像にあったように下のほうから上がってきて三尊天井を形成したパターン。このパターンが非常に強い下落サインです。

 

2・1時間足以上の足で発生しているかどうか?

1時間足以上(できれば4時間足以上)で発生しているかどうかをみてください。5分足などで三尊天井を形成してもダマシであることが多く、信頼度はかなり低いです。逆に1時間足以上になってくるとかなり信頼度は増します。

 

ショートを入れていきます

 

 

  1. 三尊天井が形成されそうだなと予測されたらまず右肩の天井あたりにショートの指値を置きエントリーします
  2. その後実際に三尊天井が形成されてきて完成されたところでショートを追加します
  3. さらにネックライン(三尊天井の底)を割ったところで追加のショートを入れます

 

流れは以上です。1のショートを入れたあとに下がらずに上がってきてしまったら損切りをします。損切りポイントはヘッドの高値を超えたところです。
この画像だと4350ドルを超えたあたりで損切りです。

このように三段階に分けてショートを入れることでリスクを最初にしつつ利益を追求していくことができます。

 

実際の値動きはこうなりました

 

 

この画像の時のその後の実際の値動きです。

綺麗に三尊天井からの下落となりました。

 

みなさんも三尊天井が現れたらショートでトライしてみてください

 

 

ではではまた

 

 

 

超一流トレーダーが日常的に当たり前にやっていることを教えるよ

予想外しまくり、損切りしまくり

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

本日は超一流トレーダーが日常的に当たり前にやっていることを教えます

皆さんも参考にしてください

 

本日紹介する超一流トレーダーの方はこちら

 

 

BNFさん

1978年3月5日生まれ

総資産200億円以上(2009年時)

ジェイコムの誤発注事件でわずか16分間の間に20億円稼いだことで有名となった伝説のトレーダーBNFさん

疑うまでもなく超一流の天才トレーダーですがそんな彼が日常的に行っていることはこちら

 

億単位で予想外して爆損&損切り

 

億単位で損することはしょっちゅう😅

 

 

 

1億2千万円くらいの損失ですね^^;

 

 

 

納得いかないけど、まあその辺は自分の下手なところなんでしょうがないっす(^_^;)

 

超一流トレーダーでも予想は外すし、爆損して損切りしてるよ

 

私が本日言いたいことはこれです

どんな一流のトレーダーであっても予想を完璧に当てることは不可能だし、予想を外して爆損することも普通です

一流でもなんでもない一般人のトレーダーがちょっと予想を外して損失を出したり損切りをして凹む必要なんてまったくないのです。

BNFさんでさえも予想は外すしまくるし、損切りしまくっています

 

億単位の損失を出しても”まあしょうがない”と思えないようでは彼に近づくのは無理だと思います

 

予想を外したり、損切りすることは普通。予想が外れたら堂々と損切りして少し悔しがって反省したらもう忘れましょう。

 

BNFさんと一般のトレーダーとの差は

いつまでも損切りできなかったり、銘柄に愛着を持ちすぎてずるずると下がり続ける価格を見続けてしまうことをしてしまうことが大きな違いであると思います。

彼も人間ですから億単位の損を出して悔しくないはずがないですが、ちゃんと損切りをして負けを認めて成長に繋げていることで今があるのだと思います。

なので私は予想が外れたり、損切りをするときはいつも

「ま、BNFさんだって予想外して爆損しているししょうがない。ってかちゃんと損切りできててカッケー!」

と思うようにしています

 

皆さんも予想外して爆損したときはこの記事のことを思い出してみてください

失敗の数だけ成長があると思います

がんばりましょ

 

動画リンク貼っておきます

ではではまた

 

 

トレンド形成中にもっとも勝てる投資方法とは?

トレンドは神!馬鹿になれ!

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

“爆上げ中の銘柄にショートを入れて勝つ方法”

の記事では爆上げ銘柄に対して逆張りのショートを入れる方法を説明しましたが、実際に爆上げしている銘柄を見た場合はどうすればいいのかと言う話をします。

爆上げにもいろいろ種類があるのですが、垂直上げのような突発的なものではなく、じわじと続く明らかな上昇トレンドが形成されようとしている時だと仮定します。

 

 

相場というのは一方方向に動くとしばらくその動きが継続される可能性が高いです。

それをトレンドといいます。

そんなことわかっているよと言いたいと思いますが確認の為に言いました。

画像の青丸のトレンド発生の瞬間に乗るためには天才的な底仕込みや、長きに渡るガチホに耐えた人しか乗ることはできません。

ここで乗ることは難しいのですが、

「あれ?もしかしてトレンド形成された?これしばらく上がるやつ?」

と感じる瞬間があると思います。

 

この時に大事なことは

”素直な馬鹿になること”

です。

「なんかあがりそうだから買おうっと!」

こんな発想ができる人が実は強いです。

 

「いやいやこんなの上昇トレンドに入ったとは言えないぞ静観静観…」

「いやむしろここのインジケーターがこうでこうだからショートだろ!」

 

このように下手に賢ぶっている人ほど大損してることが多いです

上昇トレンド中にショート突っ込んで焼けたあげく、下のほうでは買わなかったくせに天井近くでなぜか買いだす。そして暴落…

ああ、素直にあの時買っておけばなあなんてことになっている人たくさん見てきました

 

典型的な勝てる馬鹿の投資方法

 

「なんか上がってきたぞ買いだー!!」

と鬼買い

そしてしばらくして天井から落下

「うわー下がってきたやばい売れー!」

となり利確逃げ

 

↑これ一見すると何も考えてない馬鹿みたいにみえますが実はこの投資方法勝てるんですよねえ…

トレンド順張りで上がってきたら買って、下がってきたら売っているのでとても理にかなっています

 

今日のまとめ

 

トレンドが発生したかも?と思ったら素直にトレンドの方向にエントリー

馬鹿になってトレンドに巻かれろ

素直さは宝

 

 

ではではまた

 

 

 

 

爆上げ中の銘柄にショートを入れて勝つ方法

第一ナイアガラは見守りましょう

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

こんな銘柄上がるわけないと思ってたらどんどんと上昇

冷ややかな目でみて笑っていたらさらにどんどんと上昇

もう笑えなくなってきて、なぜかとった行動はショート、、、

そして爆損

 

損切りされた後しばらくしてからその銘柄は大暴落

ああ、タイミング早かった養分ちゅらい

となった経験がある方に爆上げ銘柄への最適な対処方法とショートの入れ方を教えます

 

第一ナイアガラ(頭)は取りにいくな

 

頭と尻尾はくれてやれという投資格言がありますが、頭を狙ってショートを入れる人は頭を諦めるようにするとよいです

 

 

 

こちらは2018年9月のXRPのチャートですが、この爆上げを見てショート突っ込んでしまった人多いのではないでしょうか?

自分では天井でショートを入れたつもりでも実際は画像の青バッテン☓のところだったという展開になることが多いです

青丸◯のところでショートを入れることができれば理想ですが、爆上げしている銘柄に天井はありません。もう天井だと思ったところからさらに2倍、3倍とかもよくあります。

 

「もうこれ以上上がらないだろ。買われすぎ!」

と思ってショート入れるのですが、その後もどんどん上昇、、、

 

仮想通貨に買われすぎというものは存在しないのです。

またストップ高という概念もないので平気で100%アップとかやらかします。

 

ではどうすればいいか?

 

まず一度目の強い下落(ナイアガラ)を見守ってください。ここは取りにいかなくていいです。

そしてその後必ずと言っていいほどリバってくるのでこのリバの終わりこそが最適なショートタイミングです。

 

 

こちらの画像にある通り、一度大きな下落があったあとにリバってきたものの直近の高値を超えられずに下落開始

この瞬間こそが最も最適なショートのタイミングです。

 

損切りは下落開始したにもかかわらずに再浮上してきて直近高値を超えてきたら切ればいいだけなので最大損失額もあらかじめ限定されていて少ないです。

一方で下落で取れる値幅はとても大きいので、損小利大の最適なトレードをすることができます。

 

まとめ

 

  • 爆上げ銘柄みてショート打ちたくなる病気の人は冷静になろう
  • 一度目の大きな下落は見守る
  • リバってきて直近高値超えられずに落ちてきたところが最高のチャンス

 

以上を参考にしてうまくショートを打てれば短期間で大きな利益をあげることができると思いますよ。

個人的には爆上げ銘柄みたらショートではなくて素直に乗っかっるという思考をまずすることをオススメします。

その上で、最大のショートチャンスがきたらトライしてみるとよいかもです。

 

 

ではではまた

 

 

安いからって安易に飛びついて買って負けてる人に正しい買い方を教えるよ

底を確認して上がりはじめてから買え

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

気にしている銘柄がガクっと急落した時に思わず反射的に買いたくなってしまう皆様

でもそうやって買った後にどうなりましたか?

買ったところよりも更にどんどんと下がっていってしまって青ざめた経験あるんじゃないですかね

 

安いからと思って思わず飛びつくと、さらに安くなってしまって困る

 

でもよく考えてみたら下がっているものを買ったんだから、買ったあとも下がり続けるに決まっているんですよね

しかし人は自分に都合のよいことしかおこらないと考えている生き物なので、自分が買った時に限ってそこが底となり反発していくと思ってしまうんですよね

 

安い時に買って、高い時に売る。は間違い

 

 

正しくは、”安い時上がってきたら買って、高い時に下がってきたら売る”です

 

 

こちらの画像にある通り、急落中に焦って買うとほとんどの場合でさらに下に行ってしまいます。

急落中には買いを入れずに見守ることが正解です。

そしてしばらくすると下落の勢いが止まる時がきます。ここでもまだ買いません。

その後ジワジワと上がり始めた初動で買います。

このタイミングで買うことが最もリスクが少ない買いタイミングになります。

 

ここで買いを入れたときの展開は次の2つです

 

・このまま上がり続ける(上記画像のように)

・上がらずに底を割ろうとする

 

なので、上がらずに底を割る動きがあれば切ればいいだけです。

このタイミングで買うことのメリットは急落中に買うことと違って損切りポイントが明確で最大損失額があらかじめわかっていることです。

加えて上昇幅には損失額の何倍もの期待ができます。

 

この場合の損失幅が5だとすると、期待できる上昇幅は平均して10~20はあります。

勝率が5割だったとしても負けた時5、買った時10~20の値幅がとれると考えれば長期的にみて余裕で勝てることとなります。

 

安値買いの参考にしてみてくださいね。

 

ではではまた

昨日の自分の考えと変わってきてしまったらどうすればいいか?

手のひら返ししろ!

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

例えばある銘柄があって、調べているうちにどんどんすごい銘柄に見えてきた。これは今すぐ買わなくてはとテンションが上がり大量購入。

しかし翌朝よくよく考えてみるというほどすごい銘柄だったのか?

こんなに好情報溢れている割にはたいして上がってないじゃないか?もしかして天井?

と思ったならどんどん手のひら返してください。

 

人間は考えが変わって当たり前ですし、相場の状況は刻一刻と変わり続けます。

ある地点では最大の買いポイントでも、少し時間がたって状況が変われば最高の売りポイントに変わることも多々あります。

 

空売りでも同じことが言えます。この銘柄は絶対に大暴落する!と思い込みすぎてちょっと価格が上がるたびに

”騙し上げおつ”

”最後のあがき”

など思っていると盛大に焼かれることとなります。

 

大事なことは柔軟性

ではどうすれば柔軟性をもてるか?

 

逆の立場(視点)になって考えてみる

 

例えばある銘柄を”買い”から入っているとしたら、売り目線から徹底的にその銘柄を見てみる。

売りからエントリーできるポイントや情報はないか探してみて、売りからは入りずらいなあと思えたらそれは本当の買い時です。

そのように客観的に逆の立場からも見てみて総合的に判断していくと偏見を持たずにいいエントリーができると思います。

 

 

人の考えは変わる。これが理解出来ない人はいつまでも負け組

 

 

Twitterで一度上目線ツイート出すと、何日か経って暴落してから”ほら見たことか!”とここぞとばかりに叩いてくる人いるんですが、だいたいその時はもうすでに上目線終了しているか、空売り入れているんでコメントのしようがありません

こういう人は、人の考えは変わるということがわかってないタイプだし、刻々と変わる相場に対応する力が弱いと思われます

柔軟性を持って対応することが大切です

 

ちなみに、相手は自分のことをこう思っているはず!

と思い込むような人はたぶん現実世界でモテないタイプだと思います

 

昨日は好きって言ってくれたけど、今日はもうわからない

 

人の気持ちとはそういうものです。

だから今日も好きって言ってくれるように努力しなくてはいけない。継続して愛情を注ぎ、かつ自分も変わり続けることではじめて相手も自分のことを好きでいつづけてくれるのです。

 

まとめ

 

  • 一度決めたポジションでも状況が変われば手のひら返ししても良い
  • 常に逆の目線を持って客観的に相場をみること
  • 人の考えは変わる。努力しつづけて対応しつづけろ。

 

 

 

ではではまた

 

最強トレーダーCIS氏から学べるもっとも効率的にお金を増やせるトレード方法はこれ

スイング最強

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

本日はもっとも稼げるトレードの手法のお話をします。

と言っても結論は上記の通りでとにかく“スイングしろ”ということだけです

スイングトレードとは、3日〜1週間。長ければ一ヶ月という期間でポジションを保有して売買をすることを言います。

 

私のトレードの方針もスイングですし、このブログでは基本的にずっとスイングを推奨しています。

 

なぜスイングトレードをするのか?

 

それはもっとも効率的に儲かるからです

 

 

資産200億円超えの最強トレーダーCISさんもスイングトレードです。

また仮想通貨界最強トレーダーのKAZMAXさんもスイングトレードです。

 

ここで注目してほしいのはCISさんの勝率はなんと3~4割。

相場は上か下しかないので適当にやっても5割勝てるはずですが、そこで3~4割しか勝てないというのは一見するとド下手なのでは?と思ってしまいますがそれはまったく違います。

KAZMAXさんもツイッター内で仰っている通り、大きなトレンドを捉えようとしている為にどうしても勝率は低くなりますが、一撃の利幅が凄まじいのです。

 

神トレーダーCIS氏の半端ない一撃

 

 

一撃37億\(^o^)/

はんぱないってw

もうこれでお分かりいただけしょう。勝率が3割しかなかろうが、毎月1億円ずつ負けようが、たまに37億入ってくるならすべて帳消しですよ。

このブログでも便宜上勝率の話はしていますが、大事なことは勝率よりも資産増加率です

勝率気にしすぎている人はいつまで経っても大きな資産を築くことができませんぞ

 

 

スイングトレードってどうやってやるの?

 

私の手法ですが、まず4時間足、日足をみてください。

この2つをメインとして使用します。

 

そしてトレンドがあると思われる方に向かって順張りします。

あとはトレンドの終焉までに利確。

 

言葉にするととても単純ですが簡単な話ではないですし、上述したように大きなトレンドを捉えようと長くホールドすることになりますので、せっかくでた含み益が消えて戻ってきてしまうこともよくあります。

結果として勝率は下がります。

また長い期間もち続けるには強い握力とメンタルが必要となるので

 

 

ちなみに使用しているインジなどは、移動平均線、MACD、RSIです。

移動平均線は25日、100日、200日を使用しています。

移動平均線や、MACDの詳しい見方についてはここでは紹介しませんが(別記事で紹介します)

トレンドを捉えることを目的として使用しています

 

 

今日のまとめ

 

トレンドは神

長いものには巻かれろ

 

 

ではではまた

トレード負け続けて辛い?勝ち組になる為の方法を教えるよ

 

もっとたくさん負けろ!

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

トレード全然勝てなくて辛いです。っていう言う人に限って負けてる数が全然足りないんですよね

”いやめっちゃ負けてるから。原資半分になっちゃってるから!”

と言いたい方もいるかもしれませんが、私からするとおそらくアナタは負けてはいるけど、負けてる数が足りません

 

こんなことないですか?

 

  1. ある銘柄が急騰しているのをみて、いてもたってもいられなくなり飛びついて買う
  2. しかしその後その銘柄はどんどん下がり続ける
  3. 負けを認めたくなくて損切りしない
  4. 損切りしないどころか追加で資金をどんどんと投入してナンピン
  5. 気づいたら資産がかなり減ってしまった

 

これではいつまで経っても勝ち組トレーダーにはなれません

高値掴みしちゃって下がってきたら負けを認めて切ればよいのですが

ここで素直に負けを認められずに、いつかきっと上がるはずと信じて下がり続けるチャートを眺め続けるor自分の余力を超えてナンピンし続ける

 

これを繰り返すといつか救われる日がくるかもしれませんが、基本的にはメンタルがかなりやられたあげく、退場に追い込まれることが多いと思います

そして何よりもこれの問題点は“負ける経験ができない”ということです

 

相場は上か下にしかいかない。たくさん負ければ経験値が溜まる

 

当たり前ですが相場は上か下にしかいかないです

それをチャートや、ファンダメンタルズで予想するわけですが、予想がいつも当たる人はどこにもいません。

みんな当てられないから困っているわけです

ですが適当にやっても50%勝てます。これが面白いところ

幼稚園を1人連れてきてどっちへ行くか予想させてみても50%は当たるのです

そして大人の私達はチャートや、ファンダメンタルズの勉強をすることで50%を55%や60%に上げられるように努力します

 

ではどうすれば勝率を上げられるか?

それはたくさん負けることに尽きると考えます。

勝った時のパターンよりも、負けた時のパターンから得るものはとても多いです。

失敗は成功のもと

ということわざがありますが、ほんとその通りです

多くの人は勝った時はなぜこれが勝てたのか?と真剣に考えることは意外と少ないです。勝ったことに浮かれて反省をあまりしないのです。

しかし負けた時はなぜ負けたのだろう?と真剣に考えることができます

ここで真剣に考えて、なぜ勝てると思ったのに負けたのか?と考えて負けパターンの経験値が増えれば増えるほど負けづらくなります

また負けたとしても小さく負けることができます

”あ、このパターンはいつもの負ける時のやつだな。早めに撤退しよう”

というような思考ができるようになります

 

 

まとめ

 

トレードが上手くなる為の大事な教材は負けの中にある

負けることを恐れて負けを認められないトレードをしている人はいつまで経っても勝ち組にはなれない

たくさん負けて、悩んで考えて成長するべし

 

がんばりましょう