ビットコインの送金手数料払いすぎてない?100円以上払っちゃってる人はGINCO使って

 

仮想通貨の送金、安くて早いよ!

 

どうもこんにちは@みるくです。
本日言いたいことは以下です

 

  1. ビットコインの送金手数料は実は安い!
  2. モバイルウォレットのGINCO使おうよ
  3. ってかBCH最強。BCH普及して欲しい

 

 

1、ビットコインの送金手数料は実は安い!

 

こちらの画像をみてください

これはモバイルウォレットのGINCOからのBTCの送金履歴ですが、56000円分のBTCの送金手数料は約12円です。

着金までの時間は30分ほど。

 

これが世界のどこにいる相手にも銀行口座を持たずに送金できる。やっぱ仮想通貨すごくないですか?

みんな取引所からしかBTCの送金したことないと思うんですが、これ取引所から送金すると0.001BTC(750円)もとられたりします

うーん、これどうにかならないものか。高すぎ。

 

2,モバイルウォレットのGINCO使おうよ

 

取引所でBTCなどの仮想通貨を買ったらモバイルウォレットのGINCOへ移動することをオススメします

 

GINCOへ移動するメリットは、BTCの送金が安く行えることと

ハッキングされて失うリスクがなくなる

 

ということです

取引所は、みんなのBTCをひとつの秘密鍵と呼ばれるパスフレーズで管理していて、その秘密鍵が流出すると全員分のBTCが流出してしまうことになります。

一方でモバイルウォレットの仕組みは、この秘密鍵を自分のスマホの中だけで管理するので、取引所に置いておくよりもかなり安全です。

 

よく勘違いされていると思うんですが

「このGINCOってところがハッキングされたら盗まれるんじゃないの?」

って思われますが、GINCO側も利用者のBTCを動かすことができません。GINCOも利用者のBTCにアクセスすることはできないのです。

 

GINCOのセキュリティについての詳しい説明は公式のこちらのページをご覧ください

 

Gincoのセキュリティについて

3,てかBCH最強。BCH普及して欲しい

 

モバイルウォレットのGINCOを使用すると、送金手数料が安くなるっていう話をしましたが、BTCよりもずっとずっと送金手数料が安くて早いのがBCH(ビットコインキャッシュ)です

 

こちらの画像をみてください

 

 

約1万円分のBCHの送金にかかった手数料はわずか0.15円!!!

そして着金確認までの時間は1秒です。

送った瞬間に着いて、しかもほぼ無料の手数料

 

これが銀行口座を持たずに使用できて、さらには中央集権化されていない分散化された通貨というならそれはもう本当に最高だと思うんですが

みんながGINCO使ってて、BCHでお金やりとりする未来早くきてほしいなあ

 

 

今日のまとめ

 

  • GINCOインストールしろ
  • BCH買え

 

 

 

ではではまた

 

 

仮想通貨水面下でジワジワ来てるぞ!今のうちに始めたほうがいいんじゃない?

最近かなりきてる気がする、、、、

どうもこんにちは@みるくです。

 

いや、ほんと毎日DMで「最近仮想通貨で投資デビューしましたー!みるくさん教えてください!」

っていう人がたくさん来ます。

そしてそのうちの何割かはサロンに入会してくれています

 

最近仮想通貨はじめた!?

まじで!?

 

って感じです。

もし私が投資とか何もやったことない素人だったら今仮想通貨やろうなんてまったく思わない

だって全然上がってないから笑

 

最近リップル上がりましたけどね、それでもその前から興味持って参加していたのはなかなかセンスあるなと。2018年年始の盛り上がっている時に参加するのはわかります。私の周りの普通の人もみんなはじめてたし。でもその人たちも今は仮想通貨の話題なんて一切しない。まだ仮想通貨やってるのなんて私くらい。

 

ちなみに私は、6月からサロン開いてますが、その時はまった初心者の人や、デビューしたての人はいませんでした。

本当に最近になって急にまったくの投資初心者の方が入ってくるようになっています。

またTwitterをフォローしてくれる人も、プロフィールに投資初心者と書いてある人が多くなってきた気がします。

 

みるくサロンの詳細はこちら

 

水面下でジワジワ来てる気がする

 

マネックスの調査でも、仮想通貨の投資家は少しずつ増えているみたいですね。まあこんな調査してないでさっさとコインチェック再開しろよって思いますが。

あとは最近XRPが爆発したり、他のマイナーな通貨もいくつか爆発しています。

これって私の経験上、本震の予兆なんですよね。

本震は時間差でくると思います。あと数ヶ月はこんな感じでたまに爆発する通貨がちらほら。

その後、しばらくの沈黙のあとに本震がドドドーンとくるイメージです。

 

もしかしたら前回の比じゃないものすごいバブルくるかもね

 

信じるか信じないかはあなた次第

 

ではではまた

投資の必勝法はこれ。トレンド神を味方につければ下手でも勝てるぞ

 

本日はトレード初心者や、下手ぴっぴのあなたでも簡単にトレードで勝てる方法を教えます

トレードにおける超基本中の基本の戦略。それは

 

勝てる戦場を見つける

 

ということに尽きます。これはどういうことか説明します

 

トレンドを見る

こちらはビットコインの2018年6月からの三ヶ月のチャートです。みればわかる通り、上に行ったり下にいったりを繰り返してますね。これをレンジ相場と言います。

細かくみていくと、上げている時間よりも、下げている時間のほうが少しだけ多いです。

例えばこの相場でチャートは見ずに適当にショートを10回ランダムでエントリーしたとしたら、少しだけ期待値がプラスっていう感じです。

少し運が悪ければマイナスになるでしょう。

このような相場ではよっぽどトレードスキルが高くないと大きなお金を稼ぐことは難しいですし、むしろ負けることのほうが多いと思います

 

トレンドがはっきりしているとはこのような状態

 

次にこちらです。こちらはADAコインの3ヶ月のチャートです。

見事なまでに一直線に下に落下していますね。このような状態は明らかな下降トレンドです。

このように上でも下でもどっちでもいいんすが、明らかなトレンドが発生している銘柄を探す。

これが一番大事です。戦っている戦場が悪いとどんなに勉強してもなかなか勝てません。

たとえばこのADAコインを、チャートを見ずに適当にランダムに10回ショートエントリーしたら10回中8回は勝てると思います。

つまり良い銘柄を見つけることができればあとはテクニックはいらないのです。適当にトレンドの方向にエントリーすればよっぽど運が悪くなければ勝てます。

 

仮想通貨でも株でもFXでもなんでもいいんですが、明らかなトレンドが発生している銘柄を探す。

これが勝つ為の一番の近道です。

 

私はビットコインが難しい時は、簡単なアルトコインのトレードで勝負しています。

アルトコインのショートはBitmexからできます。

 

簡単な相場きてるやつは他にもあるよ

 

Apple株5年チャート。適当エントリーしても2~3年まてばかなり資産増えてる思います。配当もあるし買うしかない!

 

インドSENSEX(インド株指数)こちらの5年チャートもずっと上昇中

 

ではでは

 

 

アルトコインの未来はどうなるか教えてあげる

 

はい、とりあえずこれです

2017年のバブルに便乗して生まれたたくさんのゴミコインはそのほとんどが価格が付かなくなるまで下落して、中には完全に上場廃止になり消えるものも多くでてくると思います。

すべの元凶はイーサリアムから誰でも簡単にトークンを発行できてしまったということにあります。

2017年にイーサリアムのERC20を使用して作られたトークンは700種類以上に及びます。参考リンク

2018年に入ってからも多くの中身のないトークンが次々と生まれ、そしてその多くに価格が付き暴騰していったというバブルそのものといった現象がおこりました。

これはちょうどITバブルの時に、ほとんど中身がないような企業の株価までもITという名のもとに過大評価されて暴騰、そしてその後消えていった経緯と似ています。

そしてその後今日までに残っている企業は、Apple、Google、Amazonなど世界を代表する企業たちです。これらの企業の株価はITバブル時よりも大きく最高値を更新して現在もまだ伸び続けています。

 

 

Apple株価は現在進行系で現在もなお更新中

 

生き残れる仮想通貨はBTC、ETH、XRP、BCH +α

これら4つの通貨の将来は明るく、特にビットコインは世界共通通貨(財産)になると思います。

数年後には今よりも激的に機能が改善し、認知度も高まり世界中の人のビットコイン保有率が著しく上昇して、ある臨界点を超えた瞬間には世界になくてはならないものへとなっていると思います。あって当たりまえ。それがない時のことがもう想像できない。ちょうど今のスマートフォンのように。

+αのところですが、これから新しくでてくる通貨がこの4つの中に食い込む可能性があると考えます。例えばGoogleは検索エンジンの分野で後発組だったにもかかわらずITバブルの後から成長して世界のトップまで上り詰めています。ちょうどそのようにこのバブルが弾けた後から開発された新しい仮想通貨が上位に食い込むことがあるかと思います。

 

そうはいってもみるくさん!◯◯の通貨だって将来性あるんじゃー!!

っといいたいそこのアナタ!

大丈夫ですこれをみてください

 

 

今や日本を代表する企業のソフトバンクの株価です。

ITバブルの2000年には2万円という高値をつけていますが、その後大暴落。

しかしその後、企業の底力により株価はじわじわと回復して現在は1万円突破も間近です。

このままずっと安定的に成長していけばバブル期の2万円も超える日が来るかもしれません。

ソフトバンクの流れはこうです

バブル期に過大評価される→バブル崩壊した後に過小評価される→実力で這い上がってきた←今

 

ソフトバンクのように消えそうになりながらも復活する仮想通貨は必ずあります。

そのような通貨はいま過小評価されているということになりますので、その通貨の将来性を見抜いてコツコツと買い増しを続けていけば将来大きなリターンがあると思います。

具体的にどの通貨が過小評価されていて、将来性があるかは今はまだわかりませんが、私の中で必ず将来復活すると確信している銘柄はいくつかあります。

まだ買い時ではないので買いませんが。

 

まとめ

  • 多くのアルトコインは価格が付かなくなるレベルまで落ちる
  • その中でも数少ない有望な銘柄は復活する
  • ビットコインはある日突然世界になくてはならないものへとなる

 

ではではー