これから仮想通貨をはじめる人にオススメの通貨とその根拠を教えるよ

ビットコインとリップル最強

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

2018年11月

今から仮想通貨投資をはじめようとしているけど何を買っていいかわからないという人はとりあえず上記の2銘柄がオススメです

なぜビットコインとリップルがいいのか、それは以下の画像をみてください

 

 

こちらは2017年9月の大暴落の時の価格です。

現在の価格と見比べてください。

※2018年11月3日現在

 

 

主要通貨価格変動まとめ2017年9月~2018年11月

 

  • BTC 33万円→71万円
  • XRP17円→50円
  • BCH 45000円→52000円  (一枚目画像にはないですが補足)
  • ETH 23000円→22500円
  • XEM 18円→10.5円
  • Lisk  480円→307円

 

コインチェックにある主要銘柄を2017年9月の大暴落時に掴んで14ヶ月ガチホした結果はこのようになりました。

コインチェックにある銘柄は比較的有望な銘柄が多いので、ここに載っていないアルトコインはもっとひどい結果のものが多いです。

これでわかる通り、仮想通貨=ガチホで儲かるというわけではないことがわかります

正しくは、有望な仮想通貨をガチホ=儲かるです

 

BTCとXRPに関しては14ヶ月の放置で2倍以上になっています

この流れはこれからも変わらず、乱高下したとしても平均して1年で2倍以上のリターンがあると考えています

 

1年で2倍というと少なく感じるかもしれませんが、1年で2倍とは、2年で4倍、そして3年で8倍です

実際にはもう少し大きなリターンがあると想定していて上記2銘柄に関しては仮想通貨市場の発展とともに2~3年で10倍のリターンがあると考えています

 

 

仕込み時はいま?

 

 

 

仮想通貨マーケットは長期低迷していますが、バブルのマーケットサイクルをみてもこの辺りの価格、もしくは BTC55万円~65万円というレンジが最後の底であると想定しています

本格的に上がるまではまだまだ時間を要する可能性はありますが投資をはじめるタイミングとしては今がもっとも良いと考えられます。

 

まとめ

 

  • 仮想通貨はこれから長期的に上がり続ける
  • しかし上がらない通貨はいくら待っても上がらない
  • 今までも、これからも強いのはBTCとXRP
  • 長期投資として仕込みはじめるなら今がいいタイミング

 

 

ではではまた

 

 

現在新規開設できる仮想通貨取引所リンク





安いからって安易に飛びついて買って負けてる人に正しい買い方を教えるよ

底を確認して上がりはじめてから買え

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

気にしている銘柄がガクっと急落した時に思わず反射的に買いたくなってしまう皆様

でもそうやって買った後にどうなりましたか?

買ったところよりも更にどんどんと下がっていってしまって青ざめた経験あるんじゃないですかね

 

安いからと思って思わず飛びつくと、さらに安くなってしまって困る

 

でもよく考えてみたら下がっているものを買ったんだから、買ったあとも下がり続けるに決まっているんですよね

しかし人は自分に都合のよいことしかおこらないと考えている生き物なので、自分が買った時に限ってそこが底となり反発していくと思ってしまうんですよね

 

安い時に買って、高い時に売る。は間違い

 

 

正しくは、”安い時上がってきたら買って、高い時に下がってきたら売る”です

 

 

こちらの画像にある通り、急落中に焦って買うとほとんどの場合でさらに下に行ってしまいます。

急落中には買いを入れずに見守ることが正解です。

そしてしばらくすると下落の勢いが止まる時がきます。ここでもまだ買いません。

その後ジワジワと上がり始めた初動で買います。

このタイミングで買うことが最もリスクが少ない買いタイミングになります。

 

ここで買いを入れたときの展開は次の2つです

 

・このまま上がり続ける(上記画像のように)

・上がらずに底を割ろうとする

 

なので、上がらずに底を割る動きがあれば切ればいいだけです。

このタイミングで買うことのメリットは急落中に買うことと違って損切りポイントが明確で最大損失額があらかじめわかっていることです。

加えて上昇幅には損失額の何倍もの期待ができます。

 

この場合の損失幅が5だとすると、期待できる上昇幅は平均して10~20はあります。

勝率が5割だったとしても負けた時5、買った時10~20の値幅がとれると考えれば長期的にみて余裕で勝てることとなります。

 

安値買いの参考にしてみてくださいね。

 

ではではまた

昨日の自分の考えと変わってきてしまったらどうすればいいか?

手のひら返ししろ!

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

例えばある銘柄があって、調べているうちにどんどんすごい銘柄に見えてきた。これは今すぐ買わなくてはとテンションが上がり大量購入。

しかし翌朝よくよく考えてみるというほどすごい銘柄だったのか?

こんなに好情報溢れている割にはたいして上がってないじゃないか?もしかして天井?

と思ったならどんどん手のひら返してください。

 

人間は考えが変わって当たり前ですし、相場の状況は刻一刻と変わり続けます。

ある地点では最大の買いポイントでも、少し時間がたって状況が変われば最高の売りポイントに変わることも多々あります。

 

空売りでも同じことが言えます。この銘柄は絶対に大暴落する!と思い込みすぎてちょっと価格が上がるたびに

”騙し上げおつ”

”最後のあがき”

など思っていると盛大に焼かれることとなります。

 

大事なことは柔軟性

ではどうすれば柔軟性をもてるか?

 

逆の立場(視点)になって考えてみる

 

例えばある銘柄を”買い”から入っているとしたら、売り目線から徹底的にその銘柄を見てみる。

売りからエントリーできるポイントや情報はないか探してみて、売りからは入りずらいなあと思えたらそれは本当の買い時です。

そのように客観的に逆の立場からも見てみて総合的に判断していくと偏見を持たずにいいエントリーができると思います。

 

 

人の考えは変わる。これが理解出来ない人はいつまでも負け組

 

 

Twitterで一度上目線ツイート出すと、何日か経って暴落してから”ほら見たことか!”とここぞとばかりに叩いてくる人いるんですが、だいたいその時はもうすでに上目線終了しているか、空売り入れているんでコメントのしようがありません

こういう人は、人の考えは変わるということがわかってないタイプだし、刻々と変わる相場に対応する力が弱いと思われます

柔軟性を持って対応することが大切です

 

ちなみに、相手は自分のことをこう思っているはず!

と思い込むような人はたぶん現実世界でモテないタイプだと思います

 

昨日は好きって言ってくれたけど、今日はもうわからない

 

人の気持ちとはそういうものです。

だから今日も好きって言ってくれるように努力しなくてはいけない。継続して愛情を注ぎ、かつ自分も変わり続けることではじめて相手も自分のことを好きでいつづけてくれるのです。

 

まとめ

 

  • 一度決めたポジションでも状況が変われば手のひら返ししても良い
  • 常に逆の目線を持って客観的に相場をみること
  • 人の考えは変わる。努力しつづけて対応しつづけろ。

 

 

 

ではではまた

 

一番幸せになれるお金の使いみちはこれ

大切な人にお金を使おう

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

サラリーマンをやっているアナタも、個人投資家を目指すアナタも、目的はただひとつ”お金を稼ぐこと”ですよね

お金を稼ぐこと自体が目的になってしまっている人も多いと思うんですが、まあそれはそれでお金を稼ぐゲームとして楽しんでいるならありだと思います。

私もお金稼ぎに関してはほとんどゲームだと思っていますので、お金を稼ぐこと自体が目的となっている部分は多いです。

ですが、ゲームのポイントと違ってお金は現実世界で使えます。

資本主義のこの世の中ではお金で買えないものはほとんどないです。

どんな美味しいご飯だろうと、安全で快適な家、服、などなど

 

しかしある程度お金を持ってみるとわかるのですが、お金で買えて楽しいものってそんなにない

たとえば高級な腕時計を何個も買って楽しいですかね?

それが楽しいっていう人もいると思うんですが、1つ数百万円もするような腕時計を何個も買う遊びが楽しいとは思えないです

はじめの1個は感動するかもしれません。「こんな高い時計買ったぞー!」という満足感があるかも

まあでも要りませんね。私は時計はスマホで確認しているので十分です

 

大切な人にお金を使おう

 

 

親、恋人、友人、子供

自分の大切な人にお金を使ってあげてください。

親とランチを食べに行っておごってあげるだけでもいいと思います。自分が大切だと思う人にお金をどんどん使う。

これこそが人生における幸せになる為の最高の投資です。

金銭的リターンが返ってくることはありませんが、そうやって人にお金を使って周りを幸せにしようとしている人は、必ず幸せが返ってきます。

単純に自分が大切だと思う人が笑顔になってくれたら嬉しくないですか?

そう思っているアナタのことも、きっと相手は好きになります。

 

自分の為に使うお金は掛け捨て

人の為に使うお金は積立貯金

 

という感じでしょうか

 

 

たくさん稼いで、周りの大切な人にたくさんお金を使ってあげる

これができれば幸せになれます

だから稼ごう

 

 

ではではまた

最強トレーダーCIS氏から学べるもっとも効率的にお金を増やせるトレード方法はこれ

スイング最強

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

本日はもっとも稼げるトレードの手法のお話をします。

と言っても結論は上記の通りでとにかく“スイングしろ”ということだけです

スイングトレードとは、3日〜1週間。長ければ一ヶ月という期間でポジションを保有して売買をすることを言います。

 

私のトレードの方針もスイングですし、このブログでは基本的にずっとスイングを推奨しています。

 

なぜスイングトレードをするのか?

 

それはもっとも効率的に儲かるからです

 

 

資産200億円超えの最強トレーダーCISさんもスイングトレードです。

また仮想通貨界最強トレーダーのKAZMAXさんもスイングトレードです。

 

ここで注目してほしいのはCISさんの勝率はなんと3~4割。

相場は上か下しかないので適当にやっても5割勝てるはずですが、そこで3~4割しか勝てないというのは一見するとド下手なのでは?と思ってしまいますがそれはまったく違います。

KAZMAXさんもツイッター内で仰っている通り、大きなトレンドを捉えようとしている為にどうしても勝率は低くなりますが、一撃の利幅が凄まじいのです。

 

神トレーダーCIS氏の半端ない一撃

 

 

一撃37億\(^o^)/

はんぱないってw

もうこれでお分かりいただけしょう。勝率が3割しかなかろうが、毎月1億円ずつ負けようが、たまに37億入ってくるならすべて帳消しですよ。

このブログでも便宜上勝率の話はしていますが、大事なことは勝率よりも資産増加率です

勝率気にしすぎている人はいつまで経っても大きな資産を築くことができませんぞ

 

 

スイングトレードってどうやってやるの?

 

私の手法ですが、まず4時間足、日足をみてください。

この2つをメインとして使用します。

 

そしてトレンドがあると思われる方に向かって順張りします。

あとはトレンドの終焉までに利確。

 

言葉にするととても単純ですが簡単な話ではないですし、上述したように大きなトレンドを捉えようと長くホールドすることになりますので、せっかくでた含み益が消えて戻ってきてしまうこともよくあります。

結果として勝率は下がります。

また長い期間もち続けるには強い握力とメンタルが必要となるので

 

 

ちなみに使用しているインジなどは、移動平均線、MACD、RSIです。

移動平均線は25日、100日、200日を使用しています。

移動平均線や、MACDの詳しい見方についてはここでは紹介しませんが(別記事で紹介します)

トレンドを捉えることを目的として使用しています

 

 

今日のまとめ

 

トレンドは神

長いものには巻かれろ

 

 

ではではまた

トレード負け続けて辛い?勝ち組になる為の方法を教えるよ

 

もっとたくさん負けろ!

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

トレード全然勝てなくて辛いです。っていう言う人に限って負けてる数が全然足りないんですよね

”いやめっちゃ負けてるから。原資半分になっちゃってるから!”

と言いたい方もいるかもしれませんが、私からするとおそらくアナタは負けてはいるけど、負けてる数が足りません

 

こんなことないですか?

 

  1. ある銘柄が急騰しているのをみて、いてもたってもいられなくなり飛びついて買う
  2. しかしその後その銘柄はどんどん下がり続ける
  3. 負けを認めたくなくて損切りしない
  4. 損切りしないどころか追加で資金をどんどんと投入してナンピン
  5. 気づいたら資産がかなり減ってしまった

 

これではいつまで経っても勝ち組トレーダーにはなれません

高値掴みしちゃって下がってきたら負けを認めて切ればよいのですが

ここで素直に負けを認められずに、いつかきっと上がるはずと信じて下がり続けるチャートを眺め続けるor自分の余力を超えてナンピンし続ける

 

これを繰り返すといつか救われる日がくるかもしれませんが、基本的にはメンタルがかなりやられたあげく、退場に追い込まれることが多いと思います

そして何よりもこれの問題点は“負ける経験ができない”ということです

 

相場は上か下にしかいかない。たくさん負ければ経験値が溜まる

 

当たり前ですが相場は上か下にしかいかないです

それをチャートや、ファンダメンタルズで予想するわけですが、予想がいつも当たる人はどこにもいません。

みんな当てられないから困っているわけです

ですが適当にやっても50%勝てます。これが面白いところ

幼稚園を1人連れてきてどっちへ行くか予想させてみても50%は当たるのです

そして大人の私達はチャートや、ファンダメンタルズの勉強をすることで50%を55%や60%に上げられるように努力します

 

ではどうすれば勝率を上げられるか?

それはたくさん負けることに尽きると考えます。

勝った時のパターンよりも、負けた時のパターンから得るものはとても多いです。

失敗は成功のもと

ということわざがありますが、ほんとその通りです

多くの人は勝った時はなぜこれが勝てたのか?と真剣に考えることは意外と少ないです。勝ったことに浮かれて反省をあまりしないのです。

しかし負けた時はなぜ負けたのだろう?と真剣に考えることができます

ここで真剣に考えて、なぜ勝てると思ったのに負けたのか?と考えて負けパターンの経験値が増えれば増えるほど負けづらくなります

また負けたとしても小さく負けることができます

”あ、このパターンはいつもの負ける時のやつだな。早めに撤退しよう”

というような思考ができるようになります

 

 

まとめ

 

トレードが上手くなる為の大事な教材は負けの中にある

負けることを恐れて負けを認められないトレードをしている人はいつまで経っても勝ち組にはなれない

たくさん負けて、悩んで考えて成長するべし

 

がんばりましょう

 

 

 

 

年収一千万円になった時の生活レベルはこんな感じでした

まったくお金持ちとかじゃない。

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

私は以前起業して会社をつくっていましたが、その時の年収は1000万円ほどでした。

全て個人の手取りというわけではなく、会社の経費として家賃などを分散させていって合計で1000万円ほど個人で使用できるという状態であったという感じです。

その時の経験をもとに、年収1000万円の生活ってこんな感じだよっていうお話をします。

 

年収1千万の手取り収入は700万円台です。

これは一般的なサラリーマンなどで1000万円の年収になるとだいたい200万~300万弱の税金を引かれてこのくらい残ることとなります。

私のように法人を持っていると家賃などの生活費を経費として計上することもできるので実際に使用できる金額はもう少し高くなります。

850万くらいは手取りとして自由に使えるという感じでしょうか。

 

だがしかし、まったくお金もちになった実感はない

サラリーマンと違って会社経営なんていうリスクが高いことをしているので、850万円使えるからといって全部使えるわけがありません。

来年お金が入ってくる保証なんてどこにもないのですから。だから使えるのはせいぜい月に40~50万円くらいです。

当時は恵比寿の家賃18万円のマンションに住んでいました。2LDKで45平米です。

東京は本当に家賃高いです。私の地元の千葉県の田舎で18万円だせば大豪邸が借りれます(泣)

 

家賃のほかに光熱費、インターネット、スマホ代、保険、などなど払っていくとそこからさらに10万円くらいとられるので40万円までしか月に使えないとすると残ったお金はほんとうにわずか。。。

毎日高い外食なんてする余裕はないので、外食は週に2回ほど。一回5000円まで。

また恵比寿近郊のスーパーは割高なので、安い食品をゲットする為に西友ネットスーパーを使用します。

車は持たない。新車を買う余裕もないですし、家の隣の駐車場の駐車料金は月5万円もするので。

移動は基本電動自転車です。電動自転車最強だよっていう記事前に書いたのでよければこちらも是非

参考記事:都会住みなら車はいらない、電動自転車最強だよ

タクシーは高いので近場で必要な時しか乗りません。(雨が振っているとか誰かと移動するとか)

 

少し余裕あるなと思った瞬間

家の近くに有田焼の食器が買えるお店があったのですが、ここのお店がお気に入りで1枚3000円とかするお皿を値段を確認せずにどんどん買っていました

この時は”少し余裕あるのかも”と思いました

有田焼って軽くてお洒落ですごくいいんですよ

恵比寿でオススメの有田焼のお店はこちらです

有田焼やきもの市場

 

海外旅行は年四回。近場の東南アジアが多い

海外旅行好きなのでよく行っていました。とはいっても年四回。

一回の旅費の予算は20万円くらいです。

海外旅行って思いの外安くで、東南アジアだと一週間航空券ホテル込で10万円くらいでいけるんですよね。

そこから現地で散財しても合計で20万円くらいにしかなりません。

オススメはセブ、ベトナムが安くて楽しいです。

セブは海が綺麗でリゾートはかなりくつろげます。

ベトナムは料理が美味しいですね。

 

焼き魚がのったオシャレなご飯と揚げ春巻き

 

まとめ

 

都心で年収1000万あっても消耗するだけ。たいした生活はできない。

地方に住めば1000万あればだいぶゆとりある暮らしできそうですが、地方だとビジネスチャンス少ないですからね。BtoBの起業するなら都心住みはマストです。

まあなので私は会社はやめて個人でトレーダーとして勝負することにしました。これならどこに住んでいても関係ないですから。

年収はトレードはじめてから数千万円まで上がりましたが、お金でお金を稼いでいるのでこれまた全然使えない、、、

結局ただのケチなだけかもしれませんが笑

 

今後は月収1000万円というのを目標にしたいと思います。

年収1000万は貧乏。

月収1000万からようやくお金持ちの仲間入り程度。

 

個人投資家としての成功は年収1000万円ではなく、月収1000万円でしょう。

これからサラリーマンをやめて個人投資家を目指す人は月収1000万を目標としてください。

私もがんばります。

 

 

ではではまた

 

 

 

 

 

ショートが溜まってる?それって爆上げのサインなの?

 

可能性は高いが過信は禁物

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

Twitterなどでよく

「ロングが溜まってるなー」

「ショートが溜まっているからそろそろ・・・」

 

などという投稿をみたことがある方もいるかと思いますが、初心者の方はなんのことだかよくわからない!

という人も多いと思ったのでこちらの記事を書きました

今日の概要は以下です

 

  1. そもそもロング、ショートって?
  2. 溜まっているかどうかどこでみれるの?
  3. ショートが溜まって爆上げした事例紹介
  4. 価格が上がる理由は色々な要素が重なりあり起こるものでそれ単体ではあくまでも参考

 

そもそもロング、ショートって?

これはレバレッジ取引でのみ現れる専門用語になります。レバレッジ取引とはビットフライヤーFXや、bitmexなどで行える証拠金を入れて実際の何倍もの取引を行うことです。

 

ロング=買い

ショート=空売り

 

を意味しています。

現物取引との違いはショート(空売り)があることです。

またショートポジションを持った人はどこかで買いを入れて利確しないと利確(または損切り)ができないので、いずれどこかで買いを入れることになります。

 

つまり現在ショートポジションを入れている人の数をみることで、将来どれだけの買いが入るのか予測することができます

ロングポジションの場合も同じことが言えて、ロングポジションを持っている人はどこかで売りを入れて利確(または損切り)をしなくてはいけないので、ロングポジションを入れて人の数をみることで将来どれだけの売りが入るのかを予測することができます

 

ロング、ショートが溜まっているかはどこでみれるの?

datamish

というサイトからみることができます

こちらではbitfinexという海外取引所でのロング、ショートポジションをみることができます。

 

左がロングポジション。右がショートポジションの溜まり方の推移です。

グラフの左側の25Kと書いてある意味は、25k枚(25000枚)のロングポジションが溜まっているという意味です。

左側のショートポジションは38K弱枚(38000枚弱)溜まっていますね。

これだけを見た場合、今後必ず売りを入れる(ロングポジションを持っている人)が25000枚に対して、今後必ず買いを入れる(ショートポジションを持った人)が38000枚います。

その差は13000枚。

単純に考えると近い未来に13000枚の買いが入ると考えることができます。

ちなみに13000枚とは約91億円分です。(BTC70万円の時)

 

ショートポジションが溜まって爆上げした事例

 

 

こちらは2018年4月の画像です。

4月13日にショートポジションが40Kほど溜まってからいっきに、25Kまで減っていますよね。

このとき大きな価格上昇起こり、ショートポジションの人が次々に手放し(または強制買い戻し)した結果BTCは70万円付近から82万円近くまて一気に噴き上がりました。

 

その時のBTC4時間足がこちらです

 

 

1000ドル以上の大噴火!

 

 

価格が上がる理由は色々な要素が重なりあい起こるものであくまでも参考程度です

 

ショートポジションが溜まっている時に価格が上がる可能性がある話をしましたが、これはあくまでもそうなる可能性あるというだけの参考程度です

ショートが多いということはそれだけ市場が弱気であるということでもあるので、安易にショート溜まっている=爆上げとならないようにしてください。

 

ショートが溜まっている=上がりだした時に燃料となり爆上げを引き起こすことがある

 

という認識が正解です

 

 

ではではまた

 

短期トレード勝てない人こそ長期的視野をもつべき

 

一喜一憂してる人はただのパチンカス

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

全力フルレバショートしてたらじりじりと上がってピンチ、、、

しかしロスカットギリギリのところで一気に下落して爆益!!

ヒュー!きもちい〜!

 

いやーわかります。たしかにリスク張って予想が当たった時は最高に気持ちいいですよね。

でもそのトレード、たまたま勝ったからよかったもののけっこうやばかったんじゃないんですか?

エントリーの根拠もなければ、損切りもろくに決めてなかったのでは?

 

そんなトレードして勝ってもそれは所詮ギャンブル。

相場は上か下にしかいかないので、適当にやっても50%はあたります。

 

でもそのトレード1000回繰り返してプラスになりますか?

まったく同じエントリーを1000回繰り返した時にプラスになれるかどうか

この考え方がとても大事なのです

 

賭けの考え方

相場は上か下にしかいかないのでどんなに適当にエントリーしても勝率は50%あります。

例えばサイコロの目の1.2.3がでたら賭けた額が2倍になって、4.5.6がでたら賭けた額が没収されるギャンブルがあるとします。

この場合の勝率は誰がやっても50%です。

 

そしてこのゲームを1000回繰り返すとどうなるかというと、ほぼプラマイゼロです。

このサイコロの目のあたり目を変更して、1.2.3.4がでると2倍、5.6がでると没収とするとどうなるでしょうか?

勝率は50%から66%に上がりました。

 

このサイコロを振り続けたら無限にお金が儲かることは誰でもわかりますよね。

こんなサイコロあったら私は手が上がらなくなるまで振り続けます。

 

しかしこの当たり目を変更した、いかさまサイコロでさえ連敗するのです

 

1連敗する確率34%

2連敗する確率11%

3連敗する確率4%

 

となっています。

 

この無限に稼げる最強のサイコロでさえ100回やったら4回は3連敗するのです。

よくTwitterで有名トレーダーが予想を外したと叩いている人がいますが、こんなに優秀なサイコロでさえ3連敗くらいなら普通にするのです。

予想を外すのはあたり前で、同じトレードを1000回繰り返した時にプラスになれるかどうかが一番重要なのです。

 

今回勝ったか負けたかはどうでもいい

どんなに確立の高い予想でも外れます。

それはもう運の世界なのでどうすることもできないです。

ここで大事なことは勝ったか負けたかということでなく、

 

期待値が最大化されるようなエントリーだったのか

最適な損切りタイミングだったのか

 

この2点に尽きます。

最善を尽くしてなお負けたらそれはもう気にしてもしかたがないです

 

あなたの振っているそのサイコロは、期待値が最大化されたサイコロなのか

それとも普通のサイコロなのか

はたまた1.2しか当たりのない期待値の低いサイコロなのか

 

自分が期待値の高いサイコロを振っていると思うならば、そのまま信じて振り続けるのみです。

損切りは最適なタイミングで感情を入れずに切り。

そのトレードのことはもう忘れて、次のサイコロを振ればいい。

 

短期トレードこそ長期的視野を持って行うべきです。

 

 

ではではまた

底値買いのコツは”出来高に注目”

有望銘柄の底値買い!したいよねー

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

有望銘柄の底値買いは全投資家の夢ですよね。

下落を続けて誰もが無理だと思ったその時にささっと現れて爆買い!

そんなの上がるわけないと思った矢先に大暴騰!

ああ、あんなに安いなら買うんだった、、、ってあとの祭り

しかも慌てて買ったら天井掴み、、

底値で買った人に見事に売りつけられてしまった。なんて経験あるんじゃないですか?

 

底値買いのコツは”出来高の増加にあり”

 

こちらはXRPの2018年6月~10月までのチャートです。

ダラダラと下降を続けて30円を2回割れた後にたった4日で30円→70円超えのミラクルアップ!

 

ここで注目なのは

赤矢印のところの出来高です

出来高が少なくダラダラと落ち続けていますね

その後注目なのは

青矢印のところの出来高です

明らかにそれまでと出来高が違います。

このように底値圏で価格の上昇こそないものの出来高がジワジワと増えているときはそろそろ発射の準備となる可能性が高いです。

 

XRPはこの後に、swellや、Xrapidの商用可など、好材料がたくさん待ち構えていたのですが、ファンダメンタルズを知らなくてもチャートには密かに上昇のサインが隠れていたということになります。

 

 

今日のまとめ

 

底値買いをしたかったら出来高の増加に注目せよ

買った後は信じてホールド

 

 

ちなみにアルトコインの出来高は日足をみるとよいですよ。

気になる銘柄の底値買い狙っているなら参考にしてみてください。

ではではまた