昨日の自分の考えと変わってきてしまったらどうすればいいか?

手のひら返ししろ!

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

例えばある銘柄があって、調べているうちにどんどんすごい銘柄に見えてきた。これは今すぐ買わなくてはとテンションが上がり大量購入。

しかし翌朝よくよく考えてみるというほどすごい銘柄だったのか?

こんなに好情報溢れている割にはたいして上がってないじゃないか?もしかして天井?

と思ったならどんどん手のひら返してください。

 

人間は考えが変わって当たり前ですし、相場の状況は刻一刻と変わり続けます。

ある地点では最大の買いポイントでも、少し時間がたって状況が変われば最高の売りポイントに変わることも多々あります。

 

空売りでも同じことが言えます。この銘柄は絶対に大暴落する!と思い込みすぎてちょっと価格が上がるたびに

”騙し上げおつ”

”最後のあがき”

など思っていると盛大に焼かれることとなります。

 

大事なことは柔軟性

ではどうすれば柔軟性をもてるか?

 

逆の立場(視点)になって考えてみる

 

例えばある銘柄を”買い”から入っているとしたら、売り目線から徹底的にその銘柄を見てみる。

売りからエントリーできるポイントや情報はないか探してみて、売りからは入りずらいなあと思えたらそれは本当の買い時です。

そのように客観的に逆の立場からも見てみて総合的に判断していくと偏見を持たずにいいエントリーができると思います。

 

 

人の考えは変わる。これが理解出来ない人はいつまでも負け組

 

 

Twitterで一度上目線ツイート出すと、何日か経って暴落してから”ほら見たことか!”とここぞとばかりに叩いてくる人いるんですが、だいたいその時はもうすでに上目線終了しているか、空売り入れているんでコメントのしようがありません

こういう人は、人の考えは変わるということがわかってないタイプだし、刻々と変わる相場に対応する力が弱いと思われます

柔軟性を持って対応することが大切です

 

ちなみに、相手は自分のことをこう思っているはず!

と思い込むような人はたぶん現実世界でモテないタイプだと思います

 

昨日は好きって言ってくれたけど、今日はもうわからない

 

人の気持ちとはそういうものです。

だから今日も好きって言ってくれるように努力しなくてはいけない。継続して愛情を注ぎ、かつ自分も変わり続けることではじめて相手も自分のことを好きでいつづけてくれるのです。

 

まとめ

 

  • 一度決めたポジションでも状況が変われば手のひら返ししても良い
  • 常に逆の目線を持って客観的に相場をみること
  • 人の考えは変わる。努力しつづけて対応しつづけろ。

 

 

 

ではではまた

 

最強トレーダーCIS氏から学べるもっとも効率的にお金を増やせるトレード方法はこれ

スイング最強

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

本日はもっとも稼げるトレードの手法のお話をします。

と言っても結論は上記の通りでとにかく“スイングしろ”ということだけです

スイングトレードとは、3日〜1週間。長ければ一ヶ月という期間でポジションを保有して売買をすることを言います。

 

私のトレードの方針もスイングですし、このブログでは基本的にずっとスイングを推奨しています。

 

なぜスイングトレードをするのか?

 

それはもっとも効率的に儲かるからです

 

 

資産200億円超えの最強トレーダーCISさんもスイングトレードです。

また仮想通貨界最強トレーダーのKAZMAXさんもスイングトレードです。

 

ここで注目してほしいのはCISさんの勝率はなんと3~4割。

相場は上か下しかないので適当にやっても5割勝てるはずですが、そこで3~4割しか勝てないというのは一見するとド下手なのでは?と思ってしまいますがそれはまったく違います。

KAZMAXさんもツイッター内で仰っている通り、大きなトレンドを捉えようとしている為にどうしても勝率は低くなりますが、一撃の利幅が凄まじいのです。

 

神トレーダーCIS氏の半端ない一撃

 

 

一撃37億\(^o^)/

はんぱないってw

もうこれでお分かりいただけしょう。勝率が3割しかなかろうが、毎月1億円ずつ負けようが、たまに37億入ってくるならすべて帳消しですよ。

このブログでも便宜上勝率の話はしていますが、大事なことは勝率よりも資産増加率です

勝率気にしすぎている人はいつまで経っても大きな資産を築くことができませんぞ

 

 

スイングトレードってどうやってやるの?

 

私の手法ですが、まず4時間足、日足をみてください。

この2つをメインとして使用します。

 

そしてトレンドがあると思われる方に向かって順張りします。

あとはトレンドの終焉までに利確。

 

言葉にするととても単純ですが簡単な話ではないですし、上述したように大きなトレンドを捉えようと長くホールドすることになりますので、せっかくでた含み益が消えて戻ってきてしまうこともよくあります。

結果として勝率は下がります。

また長い期間もち続けるには強い握力とメンタルが必要となるので

 

 

ちなみに使用しているインジなどは、移動平均線、MACD、RSIです。

移動平均線は25日、100日、200日を使用しています。

移動平均線や、MACDの詳しい見方についてはここでは紹介しませんが(別記事で紹介します)

トレンドを捉えることを目的として使用しています

 

 

今日のまとめ

 

トレンドは神

長いものには巻かれろ

 

 

ではではまた

トレード負け続けて辛い?勝ち組になる為の方法を教えるよ

 

もっとたくさん負けろ!

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

トレード全然勝てなくて辛いです。っていう言う人に限って負けてる数が全然足りないんですよね

”いやめっちゃ負けてるから。原資半分になっちゃってるから!”

と言いたい方もいるかもしれませんが、私からするとおそらくアナタは負けてはいるけど、負けてる数が足りません

 

こんなことないですか?

 

  1. ある銘柄が急騰しているのをみて、いてもたってもいられなくなり飛びついて買う
  2. しかしその後その銘柄はどんどん下がり続ける
  3. 負けを認めたくなくて損切りしない
  4. 損切りしないどころか追加で資金をどんどんと投入してナンピン
  5. 気づいたら資産がかなり減ってしまった

 

これではいつまで経っても勝ち組トレーダーにはなれません

高値掴みしちゃって下がってきたら負けを認めて切ればよいのですが

ここで素直に負けを認められずに、いつかきっと上がるはずと信じて下がり続けるチャートを眺め続けるor自分の余力を超えてナンピンし続ける

 

これを繰り返すといつか救われる日がくるかもしれませんが、基本的にはメンタルがかなりやられたあげく、退場に追い込まれることが多いと思います

そして何よりもこれの問題点は“負ける経験ができない”ということです

 

相場は上か下にしかいかない。たくさん負ければ経験値が溜まる

 

当たり前ですが相場は上か下にしかいかないです

それをチャートや、ファンダメンタルズで予想するわけですが、予想がいつも当たる人はどこにもいません。

みんな当てられないから困っているわけです

ですが適当にやっても50%勝てます。これが面白いところ

幼稚園を1人連れてきてどっちへ行くか予想させてみても50%は当たるのです

そして大人の私達はチャートや、ファンダメンタルズの勉強をすることで50%を55%や60%に上げられるように努力します

 

ではどうすれば勝率を上げられるか?

それはたくさん負けることに尽きると考えます。

勝った時のパターンよりも、負けた時のパターンから得るものはとても多いです。

失敗は成功のもと

ということわざがありますが、ほんとその通りです

多くの人は勝った時はなぜこれが勝てたのか?と真剣に考えることは意外と少ないです。勝ったことに浮かれて反省をあまりしないのです。

しかし負けた時はなぜ負けたのだろう?と真剣に考えることができます

ここで真剣に考えて、なぜ勝てると思ったのに負けたのか?と考えて負けパターンの経験値が増えれば増えるほど負けづらくなります

また負けたとしても小さく負けることができます

”あ、このパターンはいつもの負ける時のやつだな。早めに撤退しよう”

というような思考ができるようになります

 

 

まとめ

 

トレードが上手くなる為の大事な教材は負けの中にある

負けることを恐れて負けを認められないトレードをしている人はいつまで経っても勝ち組にはなれない

たくさん負けて、悩んで考えて成長するべし

 

がんばりましょう

 

 

 

 

ショートが溜まってる?それって爆上げのサインなの?

 

可能性は高いが過信は禁物

 

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

Twitterなどでよく

「ロングが溜まってるなー」

「ショートが溜まっているからそろそろ・・・」

 

などという投稿をみたことがある方もいるかと思いますが、初心者の方はなんのことだかよくわからない!

という人も多いと思ったのでこちらの記事を書きました

今日の概要は以下です

 

  1. そもそもロング、ショートって?
  2. 溜まっているかどうかどこでみれるの?
  3. ショートが溜まって爆上げした事例紹介
  4. 価格が上がる理由は色々な要素が重なりあり起こるものでそれ単体ではあくまでも参考

 

そもそもロング、ショートって?

これはレバレッジ取引でのみ現れる専門用語になります。レバレッジ取引とはビットフライヤーFXや、bitmexなどで行える証拠金を入れて実際の何倍もの取引を行うことです。

 

ロング=買い

ショート=空売り

 

を意味しています。

現物取引との違いはショート(空売り)があることです。

またショートポジションを持った人はどこかで買いを入れて利確しないと利確(または損切り)ができないので、いずれどこかで買いを入れることになります。

 

つまり現在ショートポジションを入れている人の数をみることで、将来どれだけの買いが入るのか予測することができます

ロングポジションの場合も同じことが言えて、ロングポジションを持っている人はどこかで売りを入れて利確(または損切り)をしなくてはいけないので、ロングポジションを入れて人の数をみることで将来どれだけの売りが入るのかを予測することができます

 

ロング、ショートが溜まっているかはどこでみれるの?

datamish

というサイトからみることができます

こちらではbitfinexという海外取引所でのロング、ショートポジションをみることができます。

 

左がロングポジション。右がショートポジションの溜まり方の推移です。

グラフの左側の25Kと書いてある意味は、25k枚(25000枚)のロングポジションが溜まっているという意味です。

左側のショートポジションは38K弱枚(38000枚弱)溜まっていますね。

これだけを見た場合、今後必ず売りを入れる(ロングポジションを持っている人)が25000枚に対して、今後必ず買いを入れる(ショートポジションを持った人)が38000枚います。

その差は13000枚。

単純に考えると近い未来に13000枚の買いが入ると考えることができます。

ちなみに13000枚とは約91億円分です。(BTC70万円の時)

 

ショートポジションが溜まって爆上げした事例

 

 

こちらは2018年4月の画像です。

4月13日にショートポジションが40Kほど溜まってからいっきに、25Kまで減っていますよね。

このとき大きな価格上昇起こり、ショートポジションの人が次々に手放し(または強制買い戻し)した結果BTCは70万円付近から82万円近くまて一気に噴き上がりました。

 

その時のBTC4時間足がこちらです

 

 

1000ドル以上の大噴火!

 

 

価格が上がる理由は色々な要素が重なりあい起こるものであくまでも参考程度です

 

ショートポジションが溜まっている時に価格が上がる可能性がある話をしましたが、これはあくまでもそうなる可能性あるというだけの参考程度です

ショートが多いということはそれだけ市場が弱気であるということでもあるので、安易にショート溜まっている=爆上げとならないようにしてください。

 

ショートが溜まっている=上がりだした時に燃料となり爆上げを引き起こすことがある

 

という認識が正解です

 

 

ではではまた

 

短期トレード勝てない人こそ長期的視野をもつべき

 

一喜一憂してる人はただのパチンカス

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

全力フルレバショートしてたらじりじりと上がってピンチ、、、

しかしロスカットギリギリのところで一気に下落して爆益!!

ヒュー!きもちい〜!

 

いやーわかります。たしかにリスク張って予想が当たった時は最高に気持ちいいですよね。

でもそのトレード、たまたま勝ったからよかったもののけっこうやばかったんじゃないんですか?

エントリーの根拠もなければ、損切りもろくに決めてなかったのでは?

 

そんなトレードして勝ってもそれは所詮ギャンブル。

相場は上か下にしかいかないので、適当にやっても50%はあたります。

 

でもそのトレード1000回繰り返してプラスになりますか?

まったく同じエントリーを1000回繰り返した時にプラスになれるかどうか

この考え方がとても大事なのです

 

賭けの考え方

相場は上か下にしかいかないのでどんなに適当にエントリーしても勝率は50%あります。

例えばサイコロの目の1.2.3がでたら賭けた額が2倍になって、4.5.6がでたら賭けた額が没収されるギャンブルがあるとします。

この場合の勝率は誰がやっても50%です。

 

そしてこのゲームを1000回繰り返すとどうなるかというと、ほぼプラマイゼロです。

このサイコロの目のあたり目を変更して、1.2.3.4がでると2倍、5.6がでると没収とするとどうなるでしょうか?

勝率は50%から66%に上がりました。

 

このサイコロを振り続けたら無限にお金が儲かることは誰でもわかりますよね。

こんなサイコロあったら私は手が上がらなくなるまで振り続けます。

 

しかしこの当たり目を変更した、いかさまサイコロでさえ連敗するのです

 

1連敗する確率34%

2連敗する確率11%

3連敗する確率4%

 

となっています。

 

この無限に稼げる最強のサイコロでさえ100回やったら4回は3連敗するのです。

よくTwitterで有名トレーダーが予想を外したと叩いている人がいますが、こんなに優秀なサイコロでさえ3連敗くらいなら普通にするのです。

予想を外すのはあたり前で、同じトレードを1000回繰り返した時にプラスになれるかどうかが一番重要なのです。

 

今回勝ったか負けたかはどうでもいい

どんなに確立の高い予想でも外れます。

それはもう運の世界なのでどうすることもできないです。

ここで大事なことは勝ったか負けたかということでなく、

 

期待値が最大化されるようなエントリーだったのか

最適な損切りタイミングだったのか

 

この2点に尽きます。

最善を尽くしてなお負けたらそれはもう気にしてもしかたがないです

 

あなたの振っているそのサイコロは、期待値が最大化されたサイコロなのか

それとも普通のサイコロなのか

はたまた1.2しか当たりのない期待値の低いサイコロなのか

 

自分が期待値の高いサイコロを振っていると思うならば、そのまま信じて振り続けるのみです。

損切りは最適なタイミングで感情を入れずに切り。

そのトレードのことはもう忘れて、次のサイコロを振ればいい。

 

短期トレードこそ長期的視野を持って行うべきです。

 

 

ではではまた

負けトレーダーの鉄板パターン。地獄ナンピンやっている人はこのトレード方法に変えてみて。

 

ナンピンダメゼッタイ

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

本日の概要はこちらです

 

  1. ナンピンは地獄の入り口。手を出してはいけない。
  2. ナンピンよりも上がってるものを素直に買うほうが100倍楽。  
     

 

1、ナンピンは地獄の入り口。

 

 

私は過去2度だけ地獄ナンピンをしたことがあります

1度目はzaifトークンという銘柄を1円から買い下がり、最終的に0.3円くらいまで暴落して拾い続けました。

しかしその後0.5円前後で長期低迷をして相当メンタルがやられて辛い思いをした結果最終的に損切りをしました。

 

2度目は2017年8月からBTCを50万円くらいから買い下がり、そこからわずか一ヶ月で30万円まで暴落。買い下がり続けました。

その結果は、、

救われた(200万円までガチホしました)

 

しかしこれは本当にたまたまですし、30万円まで下がった時はかなりメンタルがやられて日常生活に支障をきたすレベルでした。

まさに地獄の入り口。

ビットコインは運良く上昇をして利益になりましたが、この時の辛い日々を二度と味わいたくないです。

運良く救われたからよかったもののあのままビットコインが10万円とかまで落ちていたら、とんでもない損失を出していた可能性を考えるととても危ないことをしたと反省しています。

この経験から私は二度と無計画なナンピンはしないと心に決めました。

 

ナンピンは計画的に。ちゃんと損切りを設定しましょうね。

損切りラインを決めているナンピンはありです。しかしほとんどの投資家は損失を認めたくないが故のナンピンなのでどこまで下がっても損切りすることができません。

 

もうこれ以上下がらないだろう。なんていうラインはありません。

落ち続ける銘柄はどこまでも落ちるものです。

 

2、普通に上っている銘柄買ったほうが100倍楽

 

地獄ナンピンなんてするよりも普通に上っている銘柄買ったほうが100倍楽です。

上っている銘柄を買うのは怖いように思いますが、上っている銘柄を買うとやっぱりそのまま上がるんですよ。

今当たり前の話してます。

しっかりとチャートをみて上がっている銘柄を買えば10回中7回は普通にその後も上がります。

たまたまそこが天井だったら下がりますので、その時は素直に損切りして負けてあげます。

これで7勝3敗。

これを繰り返していけばどんどんお金が増えるのがわかりますよね。しかもこの方法なら含み損に耐える辛い日々もありませんのでとても穏やかに過ごせます。

 

今日のまとめ

 

ナンピンなんてするくらいなら、素直に上がっているもの買ってダメなら切ればいいじゃない by みるく

 

 

ではではまた

 

 

 

FXのデイトレで全然勝てないっていう人に勝つ方法を教えるよ

そもそもデイトレなんてやるな!

 

どうもこんにちは@みるくです。

 

本日言いたいことは以下です

 

  1. そもそもデイトレで勝っている人なんてほとんどいない。敵は超天才と大口。
  2. 4時間足、日足をみてスイングせよ。
  3. 握力を鍛えましょう。オススメグッズの紹介。

 

1、そもそもデイトレで勝っている人なんてほとんどいない。敵は超天才と大口。

相場はゼロサムゲームなので、誰かの利益は、誰かの損失です。

デイトレ(1日のうちに何回も決済する)はもっとも難易度が高く、その戦場で勝てているのは一部の超天才と、いっきに相場を大きく動かすことができる大口がほとんどです。

才能のない一般人が勝つ隙間なんてあるわけがありません。
Twitterなどで一部の超天才トレーダーがデイトレでサクっと数百万円稼ぐ画像を上げていたりしますが、それを見て私も!なんて思ってもたぶん無理なのでやめたほうが懸命です

 

基本的にチャートは短期になればなるほど先を予想するのが難しくなります

特に素人の人が5分足チャートとか眺めていたところで勝てるわけがないので、ほぼ見る必要がないと思います。

 

ではどうすれば勝てるようになるのかそれは

 

2、4時間足、日足をみてスイングせよ

 

たとえばこれはあるBTCの4時間足チャートですが、これをみる限りずっと一定の感覚で右肩上がりに上がっていますよね。多少上がったり下がったりを繰り返していますが3~4日かけてずっと上がっています

 

こちらは上記画像の4時間足の中の一部を切り取った5分足チャートですが24時間の間にこんなに乱高下してます

この動き予想して値幅とるの無理ゲーじゃないですか?

 

基本的にチャートは4時間足、日足をメインにして、一度持ったポジションは3日以上は持つように心がけるだけで激的に勝率が上がりますよ

そして負けなくなる

ロットはかなり小さく、証拠金の2倍まで。例えば50万円の証拠金を入れているなら100万円分の売買まで。

一度持ったポジションは3日は持つようにする。(もちろん自分が設定した損切りラインにきたらすぐ切るべきですが)

短期の値段の売買を追いかけずに大きな視点でゆっくりとトレードすることが大切です。

 

超一流トレーダーでもスイングしているよ

トレーダーのKAZMAXさんは数十億の資産を持つ超天才トレーダーですが、そんな彼でさえもスイングトレードに徹しています。

おそらくデイトレしても勝てるでしょうし、短期の値段を追うことも可能だと思いますが、それでも敢えてスイングに徹しています。

超天才でもデイトレは避けているのに、一般人のあなたがデイトレで勝とうなんて、、、、

 

参考イメージ

 

まずしっかりとポジションを決め、未来を見据えます

 

 

短期の大きな値動きがあっても負けじとしっかりと握り続けます

 

そして力強く手放し雄叫びをあげます

 

爆益!!!

 

 

爆益!!!!!

 

 

爆益ィィィぃ!!!!

 

 

3、握力を鍛えましょう。オススメグッツの紹介

 

ということでスイングトレードの重要性と、握力の重要性がわかっていただけたと思いますので、オススメの握力強化グッツのリンクを貼って終わりたいと思います。

短期の値段の動きに惑わされずにしっかりと握力を鍛えて勝利してください。

 

ではではまた

 



 

 

 

仮想通貨水面下でジワジワ来てるぞ!今のうちに始めたほうがいいんじゃない?

最近かなりきてる気がする、、、、

どうもこんにちは@みるくです。

 

いや、ほんと毎日DMで「最近仮想通貨で投資デビューしましたー!みるくさん教えてください!」

っていう人がたくさん来ます。

そしてそのうちの何割かはサロンに入会してくれています

 

最近仮想通貨はじめた!?

まじで!?

 

って感じです。

もし私が投資とか何もやったことない素人だったら今仮想通貨やろうなんてまったく思わない

だって全然上がってないから笑

 

最近リップル上がりましたけどね、それでもその前から興味持って参加していたのはなかなかセンスあるなと。2018年年始の盛り上がっている時に参加するのはわかります。私の周りの普通の人もみんなはじめてたし。でもその人たちも今は仮想通貨の話題なんて一切しない。まだ仮想通貨やってるのなんて私くらい。

 

ちなみに私は、6月からサロン開いてますが、その時はまった初心者の人や、デビューしたての人はいませんでした。

本当に最近になって急にまったくの投資初心者の方が入ってくるようになっています。

またTwitterをフォローしてくれる人も、プロフィールに投資初心者と書いてある人が多くなってきた気がします。

 

みるくサロンの詳細はこちら

 

水面下でジワジワ来てる気がする

 

マネックスの調査でも、仮想通貨の投資家は少しずつ増えているみたいですね。まあこんな調査してないでさっさとコインチェック再開しろよって思いますが。

あとは最近XRPが爆発したり、他のマイナーな通貨もいくつか爆発しています。

これって私の経験上、本震の予兆なんですよね。

本震は時間差でくると思います。あと数ヶ月はこんな感じでたまに爆発する通貨がちらほら。

その後、しばらくの沈黙のあとに本震がドドドーンとくるイメージです。

 

もしかしたら前回の比じゃないものすごいバブルくるかもね

 

信じるか信じないかはあなた次第

 

ではではまた

副業で投資やりたいけど時間ないしって思っている人。むしろチャンスだから。

 

どうもこんにちは@みるくです。

世の中副業解禁されているらしいですが、みなさんちゃんと副業してますか?

参考記事:みるくさん的、副業のおすすめを紹介するよ

でも紹介した通り、一番のオススメの副業はなんといっても投資・トレードです。

 

「そうはいってもみるくさん。わたしゃ会社員でチャートなんてなかなか見れないし難しいのですよ・・・」

 

というそこのあなた

それは断じて違います!

むしろ忙しくてなかなかチャートが見れないのはチャンスです!

 

忙しい会社員が投資においてむしろチャンスな理由は?

 

それはズバリ、長い時間足でのトレードができるということです

 

長い時間足でのトレードができるとは?

基本的にトレードにおいて短い時間足になればなるほど勝率は下がり、払う手数料も増えるので勝つことは難しくなります。短い時間足とは5分足チャートのようなもを言います。

たとえばこちらは2017年9月のある時期を切り取ったビットコインの5分足チャートですが、これだけみてこのあとどっちへいくか予想できますか?

わからないですよね。なんとなくこっちかなっていう方向性はもしかしたらあるかもしれませんがほどんどわからないですよね。しかも値幅も100ドルくらいしか動かないのでもし予想が当たっても100ドルしか稼げません(1BTC購入の場合)

 

 

次にこちらは2017年のビットコイン4時間足チャートです。

これをみると明らかに右上に向かってずっと伸び続けていますよね。

このようにトレンドがはっきりしている相場で、長い時間足で待つことができれば勝率はグッと高くなります。

 

つまりこの2017年のビットコインの相場においで、チャートに張り付いて5分足チャートと格闘しなくても、他の仕事をしながら長い時間足チャートでトレードしたほうが良い結果になる可能性が高いということになります。

 

忙しい会社員にオススメの投資法方法はこれです

 

はっきりとした長期のトレンドが発生している銘柄を探してくる。

良い銘柄を見つけることができたらあとはエントリーして数ヶ月~1年放置。

十分に利益が出たと思ったら利確。

 

たったこれだけです。

最初の良い銘柄見つけてくるというところが難しいですが、仮想通貨、株、為替など色々なチャートを探せば、長期ではっきりとしたトレンドが発生している銘柄を見つけることができるはずです。

銘柄の見つけ方の参考記事はこちら:投資の必勝法はこれ。トレンド神を味方につければ下手でも勝てるぞ」

 

 

長期投資は事故を避けられます

 

 

こちらはzaifのハッキング事件があった瞬間のビットコインの5分足チャートですが、数十分の間に250ドル落ちて、その後一瞬で500ドル上げて、そしてのその後元通りになっています。

こんな値動き実際にチャートの前にいたら焦って売買していまい大きな損失を出していたに違いません。

しかし長期投資でチャートを見ていなければなんの問題もありません。

このように短期で個人投資家を大きく揺さぶるような動きも相場ではよくあります。

 

忙しいサラリーマン投資家が投資で勝つ方法まとめ

 

  1. トレンドがはっきりしている良い銘柄を探す
  2. 一度エントリーしたら数ヶ月〜1年単位でじっと待つ

 

 

たったこれだけ。

ではではがんばって。

投資の必勝法はこれ。トレンド神を味方につければ下手でも勝てるぞ

 

本日はトレード初心者や、下手ぴっぴのあなたでも簡単にトレードで勝てる方法を教えます

トレードにおける超基本中の基本の戦略。それは

 

勝てる戦場を見つける

 

ということに尽きます。これはどういうことか説明します

 

トレンドを見る

こちらはビットコインの2018年6月からの三ヶ月のチャートです。みればわかる通り、上に行ったり下にいったりを繰り返してますね。これをレンジ相場と言います。

細かくみていくと、上げている時間よりも、下げている時間のほうが少しだけ多いです。

例えばこの相場でチャートは見ずに適当にショートを10回ランダムでエントリーしたとしたら、少しだけ期待値がプラスっていう感じです。

少し運が悪ければマイナスになるでしょう。

このような相場ではよっぽどトレードスキルが高くないと大きなお金を稼ぐことは難しいですし、むしろ負けることのほうが多いと思います

 

トレンドがはっきりしているとはこのような状態

 

次にこちらです。こちらはADAコインの3ヶ月のチャートです。

見事なまでに一直線に下に落下していますね。このような状態は明らかな下降トレンドです。

このように上でも下でもどっちでもいいんすが、明らかなトレンドが発生している銘柄を探す。

これが一番大事です。戦っている戦場が悪いとどんなに勉強してもなかなか勝てません。

たとえばこのADAコインを、チャートを見ずに適当にランダムに10回ショートエントリーしたら10回中8回は勝てると思います。

つまり良い銘柄を見つけることができればあとはテクニックはいらないのです。適当にトレンドの方向にエントリーすればよっぽど運が悪くなければ勝てます。

 

仮想通貨でも株でもFXでもなんでもいいんですが、明らかなトレンドが発生している銘柄を探す。

これが勝つ為の一番の近道です。

 

私はビットコインが難しい時は、簡単なアルトコインのトレードで勝負しています。

アルトコインのショートはBitmexからできます。

 

簡単な相場きてるやつは他にもあるよ

 

Apple株5年チャート。適当エントリーしても2~3年まてばかなり資産増えてる思います。配当もあるし買うしかない!

 

インドSENSEX(インド株指数)こちらの5年チャートもずっと上昇中

 

ではでは