初心者が勝てるようになる為の方法教えてあげる。ミスをなくして連勝せよ。

 

初心者がやりがちなミス一覧

  • 飛びつき成行き天井掴み
  • 落ちるナイフを掴んで大量出血
  • ハイレバ
  • 取引回数多すぎ
  • 狼狽売り(狼狽買い)
  • 基本逆張り

 

飛びつき成行き天井掴み

これにを防ぐには、ちゃんと押し目を待って買う心がけが必要です。

急激に上がると飛びつきたくなる気持ちはよくわかりますが、ちょっと引いて見てみるとある一定の規則に沿って上昇しているのに気付く時があります

この図をみてもらうとわかるんですが、よくみると赤線のラインの沿って上昇しているのがわかります。

このような線をトレンドラインといいます。

急騰に飛びつかずに、冷静にチャート上にこのようなトレンドラインを引いて、その位置に指値を置いて買ってください。

もし買えずにそのまま上に行ってしまったらどうしようと思うかもしれないんですが、チャンスはまた何度でもきますし、銘柄もこれひとつじゃないはずです。

仮想通貨だけでもたくさんの銘柄がありますし、株や、為替などチャートがついているものはたくさんあります。いい買い時に恵まれなかったら縁がなかったと次の機会を待てるようになれるとよいです

 

落ちるナイフを掴んで大量出血

 

これはビットコインの急落時のチャートです。落ちる時はすごい勢いで落ちていきます。

この時にまさに下がっている真っ最中に真っ向から立ち向かい買いを入れる人がいるんですがそれは完全に☓です

「落ちるナイフを掴むな」という相場格言もあります。

 

この時の正解は”底を確認してから拾う”なのですが、たぶん多くの初心者の人は”底を確認するってどうやるのよ。わからないわよ”ってことだと思うんですよね。

底の確認の方法さえわかればこのような落ちるナイフを掴むこともなくなると思います。

 

底の確認の仕方

まず1時間足以上の足を見てください。この時間レベルの足で急落が続いていなことが第一条件です。

その上で確認することはチャートの形状です

代表的な底確認&反転シグナルのチャートは以下です

ダブルボトム

こちらは底値から反発してきて、再度底値を割ろうとしたけど割れずに反発してきた状態を言います。これはまさに底が確認できていると言えますよね。

一度付けた底をもう一度試したけどやっぱり底だったんですから。この時のエントリーはすごく簡単です。底が確認できた段階で買いを入れて、その後もし底が割れてしまったら手仕舞いするだけ。

このパターン覚えているだけでもだいぶ勝てます。ダブルボトムにひとつ追加されたトリプルボトムというのもあります。三回確認したという状態ですね。

 

逆三尊

こちらも先ほどと似ています。真ん中が一番大きく下がっていて、両サイドが少し高値で下げ止まっている。

底値でこのような形状のチャートを描く時は底が確認できたと言えます

 

この記事を読んだ皆さんは今後は急落時に飛びついて買ったりせずにちゃんと底を確認してから買いましょうね。

そしてもちろん買ったあとに底が割れるようなら損切りしてください。

 

ハイレバ

FX取引におけるレバレッジのことです。Twitterなどに流れてくる爆益情報にあこがれて日次100万超え!なんてバカな夢みてないですか?

100万円ってサラリーマンが一年働いてやっと貯められるかどうかっている貯金額じゃないんですか?

日次100万円だせる可能性があるってことは。日次100万円失えるってことですよ。たった一日で100万円失ってもいいんですか?

 

ということで推奨レバレッジは以下の通りです

 

証拠金の2~2.5倍まで

 

これ以上はやめておきましょう。証拠金の2倍とはたとえば50万円の証拠金でFXをやるとしたら100万円分のビットコインまでしか買えません。せいぜい1枚ちょっとくらいです。

この程度の枚数では日次100万は絶対無理。せいぜい日次3万円ってところでしょうが、それでいいのです。50万円しか軍資金がないのに3万円も稼げたら上等じゃないですか。

10日続けられたら30万円ですよ。20日続けられたら資産倍です。そうして資産が増えていけばいつか2倍のレバレッジでも日次100万だせるようになります。

 

損切りしない

これはもうだめです。先見の明のあるウォーレン・バフェットのような投資家でない限りガチホで含み損に耐えるのは無意味です

損切りのコツ

でも言った通り、今新たにその銘柄を買いたいと思わないのであればもうそれは損切りの時です。

 

 

取引回数が多すぎ

取引回数が多ければ多いほど勝率が下がるというデータを見たことがあります。

これはみなさん実感としてあると思いますが、ちょこまかとトレードして勝てたことってあまりないのでは?

手数料もバカにならないですし、往復ビンタを食らうことも多くなります。

 

一度エントリーを決めたら、損切りポイントはじっと耐えて待つ。利確も焦らない。

数日〜数ヶ月などの長期でトレードする。ということが大切です

 

狼狽売り

損切りと狼狽売りの違い。

それは計画性の有無。

計画的なのが損切り。計画的ではなくてパニック売りするのが狼狽売り。

 

エントリーの時に損切りポイントを決めてから入ることがコツです。

そのためにはどこが意識されるラインでしっかりとした損切りポイントか見極められるようになる必要があります。これはもう勉強しかないです。

 

基本逆張り

逆張りしている限り確率的に負けることが多くなります。負けている人はみんな逆張り大好きな印象です。

トレンドに逆らわずに素直に順張りすることで勝てる確率は上がります

 

 

まとめ

上手くトレードしようとせずに、なるべくミスを減らすようにしていくとそのうち自然と勝てるようになっていくと思いますよ

がんばろう☆

 

 

 

投資初心者にお勧めする。はじめてのビットコイン取引で勝てる方法

 

どどん

ということで今日はまったくの初心者向けの記事です。でも初中級にも読んで欲しいかも

投資初心者にお勧めのトレード方法はこれ

  • 脳トレ(超少額トレード)
  • 少額コツコツ積立て

 

脳トレ(超少額トレード)

投資でガンガンお金を稼ぎたい!という気持ちはよくわかりますが、投資の世界は残酷です。何も知識も経験もないあなたなど沢山のピラニアが泳ぐ川に飛び込むようなものです、その為初心者にはまず脳トレ(超少額トレード)をオススメします

まず取引所を開いたら、ここから上がりそうって思うタイミングを待ちます。上がりそうっていうタイミングがわからなければ直近3日で上がっているときを待ってください。

そして最初は0.01BTCだけ購入してください。今なら7000円くらいです。※2018年9月6日現在

そしてその後はもう十分上がったなと思うところで売ってください。もしくは下がってきてしまったら、売って損切りをしてください。

このようにして売買をして月に5万円分の値幅がとれるようになるまで練習を繰り返します。

5万円分の値幅とは0.01BTCの購入でトレードすると500円の利益です。

なんだたったそれだけしか儲からないのかよ。と思うかもしれませんがたぶん最初は500円負けると思います笑

その時もし大きな賭け額ではじめていたら5万円も損していたんですよ?やった5万円浮きましたね。なにか美味しいものでも食べにいってください。

そんな感じで月に5万分の値幅(500円)を稼ぐことが3ヶ月続いたらようやく本格的にトレードを開始してください。

みんな最初っから全力の資金で突っ込んで三ヶ月以内に退場というパターンをよくみます。ようやくトレードのことが少しわかりはじめたころにはもう資金がない、、、という人をたくさん見てきました。

この記事を読んだあなたはそうならないようにしてくださいね

 

少額コツコツ積立て

トレードは苦手、チャートを見るのも好きじゃない。という面倒臭がりなあなたは少額コツコツ積立がオススメです。

買う銘柄はビットコインにしてください。イーサリアムやリップルなどのビットコイン以外の銘柄もありますが、ビットコインこそが仮想通貨の王様であり、今後も長期的な視野で見れば価格は上昇していくと考えられます。

たとえば毎月の余剰資金の中から2万円づつ。などコツコツと積み立てて買っていくと3年~5年という長いスパンで見た場合に5倍から10倍のリターンが期待できます。

5年後の30歳の時に結婚したいなあなんて思っている人は、今からコツコツ積立ていけば盛大な結婚式と新婚旅行に行けると思いますよ

Zaif

では自動で少額積立をしてくれるので、積立を考えている人はこちらの取引所を開くとよいです

 

ではでは

ビットフライヤーFXの手数料気にしたことないでしょ?仕組み教えてあげる

 

bFFXのスワップポイントは1日あたり0.04%取られます

bfFXでは売買手数料の代わりスワップポイントというものをとられます。これは金利のことを意味します。

0.04%というのは100万円の取引をしたとしたら1日あたり400円。10日で4000円。30日で12000円。

1日というのは0時をまたぐ瞬間にポジションを持っていることを言います

これは売りでも、買いでも取られます。ビットフライヤーさんなかなかよいビジネスしてます。

1億円くらいのポジション持っている人もいますからね。その人は1日4万円も手数料とられてます。

 

長期ホールドするときは現物が最強です

現物なら1年もとうが、2年もとうが手数料は同じです。

zaifや、コインチェックなどではBTC現物売買の手数料無料なのでそのあたりで仕込んで寝かせておくのが賢い方法です。

 

bfFXはデイトレ向き

bfFXはスワップポイントがある代わりに売買の手数料が無料なので、数時間程度のデイトレには向いています。bfFXではここぞっというときにサクっと入って利確して去るという使い方が推奨です

勝率90%!? 直感を利用したトレード術とは

 

 

この直感を感じたとき(AM6:00)からわずか半日で約4万円の爆上げである

 

 

 

直感まじで半端ないって90%当たるってよ

迷ったら本能に従え!人間の直感は90%の確率で当たることが科学的に証明されたゾ!!

 

イスラエルの大学がおこなった研究により、人間の“直感”は90%の確率で的中することがわかった。

実験では、コンピューターのスクリーンに右と左で違う2つの数字を連続して映し出し、左右の平均値が高い方を選ぶよう被験者に伝えた。数字が映される時間は極めて短く、計算して平均を出すのは不可能。そのため被験者は直感に頼らなくてはいけなかったが、結果は6セット終えたところで正解率65%、24セットでは90%の人が正解したという。

 

こんなことないですか?

ある直感が降りてきて指値を指しておいた。しかし実際の値動きをみて焦って成買してしまう。

結局最初に指値しておいたところが底で完璧な指値だった。

 

 

今朝の話に戻ります

 

今朝の段階で私は投資資金の50%ほどをBTCとXRPに入れていたんですが、ある直感が降りてきて”今こそオールインでしょ”という閃きがあったんですね。

チャート的にたしかにあがりそうだったので上目線は間違いないと思っていたんですが、オールインするかどうかは悩ましいところでした

それなりに下がる要素もあるなと思っていたのでリスク回避の為にもこのくらいの張りで十分だろと思っていました

 

直感ではオールイン vs 理性と論理は50%ベッド

直感の勝ち!

 

ということで今後はこうします

 

あるシチュエーションがあります。

チャートやファンダメンタルズ的に上がる確率50%、下がる確率50%と分析できる状況です。

この時は普通ノーポジか、損切りを浅くおいて利益が伸びそうな方向に張るのですが、今朝のように強い直感が降りてきた時は想定される確率を三割増しにすることにします。

たとえばこの状況で、”なんか上がる直感きた”と思ったら、上がる確率50%に三割増しをします。すると確率は65%となります。

私の今までの経験上、強い直感が降りてきたときの確率はこのくらいが適正だと思います。

 

今日はほとんどオカルト投資法の話になってしまいましたが、これわりと正しいのでは?と思っております。

直感系オカルトトレーダーみるくさん爆誕

 

ちなみに恋人が浮気しているかも?っていう直感降りてきたときの確率は100%です。そんなことが頭によぎる時にはもうすでに時遅しです。気をつけて😉

 

これから仮想通貨で稼ぐならトレードスキルは必須です

 

今後の仮想通貨市場の予想は、緩やかに上がり続ける。

ずっと一定に上がるわけではなくてたまにすごく上がったり落ちたりを繰り返しながら長期的みると徐々に底が上がってきて2~3年で昨年末のバブル水準を取り戻す

しかし取り戻せない通貨もたくさんあります。

BTCが最高値を取り戻せるかどうかもわかりません。しかし市場規模としては最高値を更新するはずです。

 

もし仮にBTCが3年で最高値を更新できたとしたら、今から約3倍になります。もちろんこれは素晴らしい投資先ですし、放置しているだけで3倍になるなら十分ですね。

しかしこれも絶対ではありません。BTCがBCHなど別の通貨に基軸を奪われてゴミ寸前の価格になる可能性もあります。

それにどうせなら3倍とかじゃなくて、めっちゃ稼ごうよ

なのでこの先の仮想通貨投資で大事なのは、どんな状況になっても利益を上げることのできる

トレードスキル

なのです。

 

じゃあどうやってトレードスキルを上達すればいいのよ

まず、お金を稼げる方法がそんなに簡単に身につけられるわけがない

チャートを真剣に眺めて、自分にとって最適だと思える手法を見つける。トレードの先輩や仲間と相談する。

それでも勝てるようになるまではたくさん失敗すると思いますが、繰り返していくうちに勝てるようになります。

 

トレードで勝てるようになるスキルがあれば、世界中どこにいてもパソコン1台、いやスマホ1台でいつでも自由にお金を稼ぐことができます。

こんな魔法のような力を手に入れられるならちょっとやそっとの努力苦しくないはずです。

 

トレードのスキルは一生の財産です

 

サロンの宣伝です

私もまだまだもっと勉強しなくてはいけないと思っていますが、1日15時間くらいチャートを眺めているのでそれなりに教えられることはあると思います

みるくサロン

では私になんでも質問することができますし、チームの仲間と色々と相談することもできます

 

 

今日のみるくさんお勧めの一曲 あいみょん – マリーゴールド

久しぶりにこれいい曲〜♪っていう曲に出会えました😚

 

【適当逆張りで負けてませんか?】これだけ上がったんだから流石に下がるだろポチ←敗因

 

いやほんとみんな逆張り好きすぎだから

気持ちはすごくわかるけどね

 

人間って自分に都合の良いことしか起きないって思っている生き物だから、下がり続けているものを買ってその瞬間から反転して爆益になるって思ってしまう。(ショートの場合は逆)

ですがほとんどの場合は下がり続けているものを買ったら、またそのまま下がり続けます。

 

【でも投資って下がったら買い、上がったら売るんじゃないの?】

って思っている人多いと思うんですが、正解は

【安い時に上がってきたら買って、高い時に下がってきたら売る】

です。

この2つの言葉は大きく違いがあります

 

・前者は下がっているものをただただ適当に買っただけなので、損切りポイントがまったくなく、また下落中のものを買っているのでその後普通に落ちる。しかもこの買い方をしている人に限って気が短いので、短期の含み損にイライラする人が多い。

・後者は下げ終わって上がり始めたところを買っているので、買ったあとにすぐ上がることが多い。しかも損切りポイントは前回の下げ止まったところよりも下にいったら損切りできるので損切りポイントが明確でリスクが少なく長期戦(塩漬け)になることがない。

 

 

↑たとえばこのチャートなら緑の86万あたりで買ってみて、もし上がらずに下のロウソク足実体を割れたら損切りするだけの簡単なお仕事

 

 

適当逆張りして死にかけた友人の例

 

【2017年12月】

 

友人「BTCめっちゃ上がってるじゃん!どうしよ乗り遅れた!」

私「今から買うの?」

友人「どうしよー買いたいけどどんどん上がるよー!うわBTC160万こえた!」

私「今から買うのはねえ」

友人「よし!きめた!」

私「え?」

友人「フルレバショートや!ポチ!!」

私「ええええええええ!!!!」

 

数時間後

 

友人「BTC190万なんですけどおおおおお」

私「だからいっただろおおおお。早く損切り、、」

友人「証拠金が足りない。しかたない今まで持ってたリップル全売りして証拠金にするぞおお」

私「ええええええ。なぜ?」

 

数時間後

 

友人「もう無理ンゴ。BTCとまらないンゴ」

私「・・・・・」

友人「疲れたから寝るンゴ」

私「えええええええ」

 

翌日

友人「まだ生きてるンゴ!BTC220万になってるンゴ!全財産証拠金に入れたんンゴー!」

私「・・・・・・」

 

翌日

 

友人「なんとかBTC180万くらいまで落ちてきたンゴ。助かったンゴー!決済するンゴー!」

私「いや、あの、、、もうなんか見てて疲れた・・・」

 

これが適当逆張りの恐ろしさです

 

逆張りは根拠をもって、小ロットで現物長期or短期の場合は損切りはしっかりと行いましょう

 

ほんと気をつけて

損切りのコツ

 

完全にもうこれだけです

 

例えばあなたが100万渡されて1年間でもっとも増える投資しなさいと言われたとします

 

その状態で、今のその銘柄を買いますか?

ということです。

それでもこの銘柄を買う!今売るなんてありえない!

と思えるなら売るべきではないですし、いやいやこんな下がりそうなもの持ってるとか危ないでしょ、と思うならそれはもう損切りポイントです

 

 

売ったあとに爆上げすることは普通

 

苦渋の決断で損切りしたのに、それがなんと底になってしまい爆上げ、、、、

なんていう経験は誰にでもあると思います

私もそんな経験は山ほどしてきました

”なぜ私が売ると反転するんだ”

”おかしい。誰かみてるんじゃないか?”

とさえ思ったこともあります笑

 

ですがまあ、誰もみてないし、ほんとそれってたまたまなんですよね

 

冷静にすべての損切りを思い出して見ると、損切したあとにダダダーと落下したものばかりです

絶対に落ちるなんて誰にもわからないし、わかっていたら損切りじゃなくてドテンショートを入れているはずなのですが、損切りするにあたってそこまでの根拠はいらないと考えます

この銘柄をこの価格で今買いたくない

ということさえわかれば十分です

 

あなたが価格を上げることもできないし、下げることもできない。できるのは予測だけ

 

トレーダーってどんなに優秀な人でも価格を上げることも、下げることもできないんです(一部の大口を除く)

すべては他人まかせ。他の人がこう動くだろうっていう気持ちを先読みできたら儲かるし、外れたら損する。

一度エントリーしてしまったらもう無力なんです。なので予想と逆に行ってしまったときにトレーダーに残された最後の抵抗は逃げることだけです。

もちろん逃げる必要なし!と判断できれば逃げる必要はないです。勝利へ向かう戦況を見つめていればOKです。

 

損切りは友達

 

損切りとうまく付き合えてこそ稼げるトレーダーへの第一歩です